ビジネスマンが使う、気の利いた言葉(ア)

合縁奇縁

人との繋がりは、縁であり、不思議である。

「親同士の勧めで結婚した彼らだが、今では羨ましいほど仲がよい。

これも合縁奇縁というものか。」

 

阿吽の呼吸

一緒に何かするとき、お互いの気持ちや調子がピッタリあっている。

「指揮者と演奏者は阿吽の呼吸が必要だ」

 

敢え無い

期待はずれ

「敢え無く失敗に終わった」

「威勢のいい彼だったが、最期は敢え無いものだった。」

 

青色吐息

うまい策が見つからず、困っている。

「いまや不況で、企業も青色吐息だ。」

 

青田買い

企業が卒業見込みの学生を早々と採用を決めること。

稲がまだ青いうちに収穫高を予想して買い上げる意味から。

「今年も企業の熾烈な青田買いが始まった」

 

飽かぬ別れ

別れたくないのに別れること。

「親の猛反対により、二人は飽かぬ別れとなった。」

 

秋風が立つ

相手が嫌いになったり、関係が悪くなること。

「あの二人に秋風が立つなんて信じられない」

 

灰汁が抜ける

その人の癖が抜けて洗練される。

「彼も社会人になってから灰汁が抜けた」

 

顎が干上がる

貧乏で生活が苦しい

「会社が倒産し、顎が干上がりそうだ。」

 

阿漕

しつこい、図々しい。

「彼は阿漕なやり方で大金を手にした。」

 

朝顔の露

はかない。

「まるで朝顔の露のようにはかない恋だった」

 

浅ましい

心に品性がない。いやしい。

「密告するなんて、そんなに浅ましい男だとは思わなかった。」

 

悪態(あくたい)をつく

面と向かって悪口を言ったり、人を罵ること。

「申し出を断ったら、急に悪態をつき始めた。」

 

足元に火が付く

危険や災いなどが自分に迫っている

「不況なんて他人事に考えていたら、

いつの間にか自分の足元に火がついていた。」

 

徒心(あだごころ)

浮気心

「徒心は持たないと決めた」

 

徒波(あだなみ)

恋の噂

「あんな人と徒波がたつなんて不快だ」

 

後足(あとあし)で砂をかける

去り際に迷惑をかけたり、恩義を裏切ること。

「ライバル会社に移るとは後足で砂をかける行為だ」

 

あまつさえ

あろうことか

「台風が来て、あまつさえ、停電までした。」

 

あらずもがな

あってほしくない

「期待していたのに、あらずもがなの結果となってしまった。」

 

鮑の片思い

相手には通じない思い

アワビは巻貝なのに、二枚貝のように見えることから。

「私の恋はせつない鮑の片思いだ」

 

暗礁に乗り上げる

予想していなかった障害にあう。

「計画は良かったが、資金面で暗礁に乗り上げてしまった。」