ビジネスマンが使う、気の利いた言葉(オ)

生い先
成長後、将来。
「わが子の生い先を楽しみにするのは、
親として当然である。」

大鉈を振るう
思い切った処理をする。人員を大きく整理する。
「会社の経営が悪化し、大鉈を振るうことに
なってしまった。」

大風呂敷を広げる
大げさなことを言う
「大風呂敷を広げるような経営者は
信用できない。」

陸へ上がった河童
環境の変化で無力になってしまうこと
「やり手だった彼も、配属が変わり
陸へ上がった河童となってしまった。」

奥床しい
心が惹かれて、もっと知りたいと思うこと。
「奥床しい女性が少なくなったのではないか」

螻蛄になる(おけら)
賭け事に負けて無一文になる
「彼は週末になると、競馬で
決まって螻蛄になっている。」

おしなべて
皆同じように
「今年はどの業界もおしなべて不況である」

お為ごかし
相手のために見えるが、実は自分のため
に動くこと。
「彼のお為ごかしに騙されてしまった。」


ちょっと変わっていて洒落ている。
「彼はなかなか乙なことを言う」

追っ付け
すぐに
「彼は追っ付け参ると思いますので、
しばらくお待ちください。」

訪い(おとない)
様子、気配、訪れ、評判。
「彼の訪いを最も喜んだのは母だった」

御祓い箱
解雇されること
「勤めて2ヶ月も経たないうちに
御祓い箱になった」

お神酒(おみき)
お酒を洒落ていう
「お招きいただいた上、
お神酒まで頂戴してしまいました」

思いなしか
そんな感じがする
「彼女は、彼のいきなりの遭遇に
思いなしか慌てていたようだった。」

折り悪しく
ちょうど悪いときに
「外出しようとしていたが、
折悪しく雨が降ってきてしまった。」

折り紙付き
鑑定保障が付いている。間違いない。
「彼は教授の折り紙付きの学生だ」