ビジネスマンが使う、気の利いた言葉(ソ)

底が割れる

本音が分かってしまう

「すぐ底が割れるような嘘をつくな」

 

粗忽(そこつ)

不注意になにかを行うこと

「社長の前で粗忽なふるまいをしてしまった」

 

そこはかとない

なんとなく感じられる

「彼女にはそこはかとない気品が感じられる」

 

袖にする

粗末に扱う

「彼女はいい寄る男を次々に袖にする」

 

袖の下

賄賂

「ときには袖の下も必要なようだ」

 

側杖を食う(そばづえ)

とばっちりを受ける

「夫婦喧嘩の側杖を食らい、奥さんにどなられた。」

 

空寝

寝たふり

「彼は都合が悪くなると空寝する」