ビジネスマンが使う、気の利いた言葉(タ)

対岸の火事

自分には関係ないこと

「彼の失敗を他人の火事と笑ってはいられない」

 

太鼓判を捺す

絶対に大丈夫である

「彼の誠実さは、私が太鼓判を捺します。」

 

太平楽を言う(たいへいらく)

好き勝手なこと、贅沢なことを言う

「試験前なのだから、太平楽なことは

言っていられないはずだ。」

 

絶え絶え

今にも絶えそうな状態

「威勢のいいことを言っていた彼だたが、

息も絶え絶えにゴールした」

 

高みの見物

傍観者としてみる

「またあの二人の喧嘩だ。高みの見物でもするか」

 

竹に油

雄弁なこと。口が達者なこと

「彼の雄弁さは、まさに竹に油だ。」

※竹に油を塗って、さらに滑りやすくなることから。

 

他山の石

他人を参考にして自分を磨く

「賢い人は、他人のどんな言動も他山の石としている。」

※自分の石を、他人の石で磨くことから

 

畳の上で怪我

いつ怪我をするか分からない

「近所で強盗殺人があったとは、

まさに畳の上で怪我だ。」

 

立ち所に

すぐに

「彼に頼めば、立ち所に解決してくれるだろう。」

 

立て板に水

弁舌がよどみないこと

「彼の話は立石に水で論旨も明確だ」

 

掌のなか(たなごごろ)

思い通りになる

「彼は私の掌になる」

 

たばかる

工夫して人をだます

「人をたばかって金品を巻き上げるとは、

最低な男だ。」

 

たまさか

たまたま、偶然

「たまさかその場にいただけだ」

 

惰眠を貪る

だらだらと生活する

「惰眠を貪る生活をしていては、

新しい発想は生まれない。」

 

袂を分かつ

「仲良くしていた人同士が離れ離れになる」