「100年後も同じことやってますか?」

「100年後も同じことやってるのだろうか?」

 

私は時々思います。

というか、、思うようにしています。

「もっと良い方法はないだろうか。」

「もっと効率のいいやり方はないだろうか」

 

こう思うようにしています。

 

たぶん答えは「NO]です。

 

つまり、改善の余地があるということです。

 

それが思いつかないだけなんです。

 

なぜ思いつかないのか。

 

知識が無いから。

 

知識がないから、引き出せる知恵もないのです。

 

「できる」ことを知りましょう。

EXCELの関数でいうと分かりやすいです。

その関数の存在を知っていれば、その関数を使えば

いいだけになります。

 

その関数を知らなければ、

いつまでも、「しかたがない」「やるしかない」で

終わることになります。

 

繰り返しになりますが、

”本当は出来るんだ”ということをもっと知りましょう。

⇒もっと勉強しましょう!!

 

一度覚えてしまえば、

ふと関数自体を忘れたときに、

「確かできたはず・・」と思い出します。

そのときに調べればいいだけです。

 

「前からそうだった」

「みんなこうしてる」

「めんどくさい」

「こわいからやらない」

一番嫌いな言葉です。

 

改善の余地はないだろうか。

100年後も同じことやっているのだろうか。

 

一度振り返ってみましょう。

 

※「めんどくさがり屋」のレッテルを貼られたら、

”会社のため!!”と言いましょう!(笑)