ダメ!ゼッタイ!~現状維持バイアス~

 

–「現状維持バイアス」とは?

大きな状況変化ではない限り、現状維持を望むバイアス。未知なもの、未体験のものを受け入れず、現状は現状のままでいたいとする心理作用のこと。
※はてなキーワード

 

つまり、変化を拒み、現状維持に固執する人のことを言います。(笑)

 

プライベートのことでも、仕事のことでもなんでもそうです。

 

同じバス、同じ通勤路で仕事へ行き、毎日同じ店でラーメンか定食を食べる・・・。

 

毎回暗めの洋服、海釣りしかしない、遠くに出かけるのは嫌だ、土日は家でゆっくりしていたい・・・。

 

などなど。

 

「現状維持バイアス」

 

実はこの言葉は、ビジネス用語です。

 

もちろんマイナスの意味です。(^^;)

 

私が一番嫌いなのは、

 

「これについては分からないから。だから変更するのが怖い。だからやらない。」系の発言です。

 

そういう方はいますよ、どこにでも。

 

たとえば、先生とか、アルバイト先の店長などです。(笑)

 

こういう人は、何事もめんどくさがって、変化を恐れ、動こうとしません。

 

自分の身の回りや、自分のしてきたことが変わってしまうのが恐いのです。

 

そりゃ誰だって、Windowsからいきなり使ってもいないMacを使えって言われたら困りますけどね。(笑)

 

当然の心理です。

 

ただ、「やってみよう」と思うことは大事だと思います。

 

自分が正しいと思っていることは、実は時代遅れだったりすることがあります。

 

このお店のとんかつが一番おいしいと思っていたけれど、人からの口コミでもっとおいしいとんかつ屋さんが見つけるかもしれません。もし、10年間その事実に気付かなかったとしたら、その人は10年間損をしていることになります。

 

職場には40~50代の人で改善に向けた取り組みを必死にしている人がいます。

 

人の話をいっぱい聞いて、どんどん吸収していっています。

 

そしてどんどん行動に移していきます。

 

本当に尊敬します。

 

一方で、聞く耳を持たず、腰が重い方もいます。

 

やはり、それなりに体力が落ちてきたり、自分のポジションが確保されてくると、そこまで活動する必要ないんじゃないか?って思いますよね、普通。

 

実は、人間ってじっとしていることが無理な動物なんだそうです。

 

周りになんの道具もなく、何の風景もなく、無音の状態でただじっとしていることができない動物なんです。

 

詳しくは分かっていないのですが、「脳が腐って交感神経が破壊されていくから」らしいです。

 

●米サイト・ライブサイエンス「脳は孤独を好まず、1人 で考え事をすることも不快だと認識する」

米ハーバード大学の研究員が科学誌サイエンスに発表した論文によると、部屋で一定時間を1人で過ごさせた際にどのような反応を 示すかについて、11種類の実験を行ったところ、対象の大多数が考え事だけを15分すると不快になった。

また、調査対象が「これを避けるため5ドル(約500円)払ってもよい」と回答した電気ショックを、 1人で考え事をしている最中に使ってもよいと話すと、男性の3分の2、女性の4分の1が自ら電気ショックを使用し、脳は1人で考え事をすることを好まず、 刺激を求めているということが明らかになった。
※2014年7月20日

 

暇すぎると、電気ショックさえも欲しくなるみたいですね。(笑)

 

さて、私が言いたいのは、人間は文明人で脳をどんどん活動させていくものだし、もっともっとクリエイティブに使っていこうよ、ということです。

 

現状を変えること、つまり「改革」には少なからず摩擦が生じると思います。

 

「革命には血が流れる」と言いますね。

 

「100年後も同じことやっているか?」を考えてみてください。

 

ほとんどの場合答えは「NO]です。

 

では、どの辺が改善されるべきなのでしょうか。

 

「現状維持バイアス」

 

普通の用語ではなく、マイナスな用語です!!

 

 

以上です

 

yamatunes