お金持ちの食事の仕方。

お金持ちはおいしいものを食べます。

 

おいしいから腹8分目で満足します。


 
 

一方で貧乏人は、安いお店へ行きます。

 

あんまりおいしくなくて、満足しないから10割まで食べます。

 

お腹がいっぱいになりました。

 

やっと満足します。

 

そしてこう言います。

 

「あーおいしかった!」

 

勘違いしています。

 

満腹感が”おいしかった”という満足感に変換されてしまっています。

 

おいしいものでないと10割食べないと、お腹が満たされません。

 

さて、お会計になりました。

 

お金持ちは1品のみ注文で1000円。

 

貧乏人は3品頼んで1500円。

 

お金持ちにはお金が入る(貯まる)ような仕組みになっているんですねー。。

 

安いお店でいくら使いそうなのか。

 

そして、もし高級なお店に行ったらいくらで済みそうなのか、考えてみてください。

 

そして、近所の安いラーメン屋さんで食事するばかりでなく、職場近くのおいしいお店を探してみたり、デートに使えそうなお店をリサーチしてみてください。

 

以上です。