「生涯年収」について。

その稼ぎは安定しているか

 

いつまで稼げるのか。

 

 
そんなことを考えてみるのもおもしろいです。

 

 

生涯年収、健康寿命なんて言葉を最近よく耳にします。

 

「よく耳にする」は大げさですが、昔よりは聞くようになりました。

 

さて今回は「その稼ぎは安定しているか」についてです。

 

あなたが今どんな収入を得ているのかわかりませんが、安定度を確かめてみるといいでしょう。

 

年収1000万円の仕事をしていても、5年後にケガして一生仕事ができなくなるとしたら、500万の人で安定して10年仕事をしている人の方が結果的に「生涯年収」は高くなります。

 

個人的には「生涯年収」が一番求めるべきところかなと思います。

 

60歳または65歳までがゴールです。

 

もちろん年金もあるでしょうから、それも含めて(死ぬまでを)「生涯年収」と呼んでもいいかもしれません。

 

そういう意味では、有資格者限定の仕事をしている人や調理人は安定した「生涯年収」が見込めるかもしれません。

 

プロ野球選手は、一流選手ならたった1年で「5億」と稼ぎますから誰も叶わないかもしれませんが。笑

 

私の場合は、IT事務と飲食チェーン店のアルバイトです。あと投資(主に為替)をやっています。

 

今後もこれらで安定した収入を稼げるか?

 

と自問自答したところ、少し疑問ではあります。

 

IT事務は、今後IT分野の仕事も増える一方で、若い世代の人も次々と参入してきます。

 

若い優秀な方かちが大勢いるでしょう。

 

知識と経験を積めるよう努力するしかないですね。笑

 

飲食チェーン店は、そもそも会社がつぶれたらおしまいです。

 

もちろんクビになっても、その時点で収入は絶たれます。

 

そして、高齢になってくるとさすがにウエイターで頑張るのは厳しいでしょうから、確実に辞めることになると思います

 

この場合、「安定した収入がある」とは言えませんね。

 

「生涯年収」も不安定です。

 

一方で「投資」の方ですが、リスクがどうしてもあるため「安定した収入」「安定した生涯年収を確保できる」と言うのも少々無理がありますね。

 

ただこちらは動かずとも取引はできますから、その意味では高齢になっても稼ぐ手段にはなります。

 

本業も「いつ会社が潰れるか」「いつクビになるのか」を考えたらキリがないですが、「生涯年収」を考えるうえで、「今の稼ぎは安定しているのか」「生涯年収として基盤になっていくのか」を考えてみるのもいいと思います。

 

60歳までがゴールです。

 

※それまでに住宅ローンは完済しましょう。笑

 

「生涯年収」の底上げを一緒に頑張りましょう!

 

以上です。