ブラックリストに載っているけど、クレジットカードは作れるか?

ブラックリストに載っている方でも、新たにクレジットカードは作れるのでしょうか。

 

●以下のような方は必見!!

 

・以前支払いが遅れたときがあったり、もしかしたらブラックリストに載っているかもしれない。そのせいか、クレジットカード申し込みを断られてばっかりだ

・クレジット申し込みを断られてばかりだから、事前に自分の信用情報を確認したい

・ブラックリストに載っているが、あと何年でクレジットカードが作れるのか確認したい

 

ブラックリスト、いわゆる『信用情報』を事前に確認する方法があります。

 

まずは、以前使っていたクレジットカードの規約を見てみましょう。

※インターネットでも検索可能

※クレジットカードを申し込むときの、規約・約款に必ず書いてあります。

 

<補足>
『信用情報』は5~10年間残る。
・破産・債務整理など:10年間
・支払い遅延:5年間
・申込情報:6か月間

・「ブラックリスト」という名簿や、データベース(名簿)は日本には存在しなく、それに代わるのが、信用会社による『信用情報』である。

 

例えば、『楽天カード』は以下の3社に所属しています。

※正確いうと以下の3社の会員であるという言い方になります。

 

(1)株式会社日本信用情報機構(JICC)
(2)全国銀行個人信用情報センター(JBA)
(3)Credit Information Center(CIC)

 

楽天 規約

 

 

およそどこの会社もこの3社のどこか、又はすべての会員です。

 

これらの信用情報は5~10年で消滅しますが、支払い事故のあったクレジットカード会社では「信用情報」は保持されています。自社で蓄積している個人情報(支払い情報含む)は消滅させる義務がないからです。

 

つまり、A社で支払い事故を起こして使用が停止された場合は、5年経ってもA社へのクレジットの作成は難しく、B社に申し込むというのが一般的となります。

 

信用情報は各会員が共有しています。

 

楽天グループも先述した3社の会員であるため、楽天カードへの申し込み情報や支払い情報は信用会社(3社)へ提供します。

 

一方でANAグループ(例)も先述した3社の会員であるため、楽天グループが信用会社(3社)へ提供した信用情報を照会することができます。

 

(1)株式会社日本信用情報機構(JICC)

(株)日本信用情報機構

 

契約内容:5年

返済状況:5年

取引事実:5年

申し込み情報:6ヶ月

 

個人でも情報開示を求めることができます。

手数料は1000円です。

 

(2)全国銀行個人信用情報センター(JBA) ※全国銀行協会が運営

全国銀行個人信用情報センター

・取引情報:5年

・紹介記録情報:6ヶ月

・不渡情報:初回6ヶ月、取引中止処分は5年

・官報情報:10年

・本人申告情報:5年

 

「官報情報」とは?

→破産情報など、重大な事故。

 

「本人申告情報」とは?

→紛失・盗難など、カード持ち主が申告した情報。

 

個人でも情報開示を求めることができます。

手数料は1000円です。

 

(3)Credit Information Center(CIC)

CIC

・申し込み情報:6ヶ月

・クレジット情報:5年

・利用記録:6ヶ月

・官報情報:保有せず

 

「利用記録」とは?

→加盟店は「利用途上における支払能力を調査するなどのため、加盟会員が照会した事実を表す記録」を見ることができます。

 

個人でも情報開示を求めることができます。

手数料は1000円です。

 

●まとめ

 

・破産や債務整理は10年で消滅します。

・支払い遅延は5年で消滅します。

・ただし、迷惑をかけた会社への再申し込みは意味なし。

 

<補足>
・信用情報がきれいか方でも、クレジットカードを複数社に同時申し込みしていると、カード会社から怪しまれることがある。

・資本がアメリカである場合(アメリカンエクスプレスなど)、信用情報を重要視する一方で、現在のステータス(年収など)も重要視している。

 

 

以上です

 

yamatunes