パレートの法則

『パレートの法則』とは、経済において全体構成の大部分は、一部の要素が生み出しているという説。

これに派生して色々と呼び方がある。

【80:20の法則】

【働きアリの法則】

【2-6-2の法則】

 

本来は経済学的用語であったが、昨今日常の現象で使われることも多い。

 

例えば・・・

 

お店の売上の8割は全顧客の2割が生み出している!

顧客&売上

 

つまり、たいていのお客さんはどうでもよくって、2割のお金使ってくれる人たちがいるからお店の売上の8割はあるといこと。「抽選会」とか「無料試食会」はいい例だと思う。8割の人は見向きもしないとか、買ってくれないけど、2割の人は見に来てくれて、買ってくれている。逆にいえば、8割の人の分を2割の人たちが賄っていることになる。(だから、試食会などは積極的に行こう。(笑))

 

会社においても同じことがいえる。会社の存続、経営は2割の天才がいるからこそといえる。(もちろん、現実にそんなデータはないが。)一部の天才が大多数の人間を支配しているということです。

 

この辺がよく聞く話です。

 

■他にもこんな説があります。

 

・勉強で本当に集中できているのはほんの2割の時間しかない

・自分の持っている2割の強みが8割の弱みをカバーしている

・重要顧客2割が売上や利益の8割を稼ぎ出している(さっきのです)

・集中している2割の時間で8割は完成している

・商品の売上の8割は、全商品銘柄のうちの2割で生み出している。(売上の8割は2割のロングセラー商品ということか)

・売上の8割は、全従業員のうちの2割で生み出している。(天才2割説)

・仕事の成果の8割は、費やした時間全体のうちの2割の時間で生み出している。

・故障の8割は、全部品のうち2割に原因がある。

・組織の人材は、優秀な人が2割、無害な人が6割、給料泥棒が2割。

・所得税の8割は、課税対象者の2割が担っている。

・プログラムの処理にかかる時間の80%はコード全体の20%の部分が占める。

・全体の20%が優れた設計ならば実用上80%の状況で優れた能力を発揮する。

 

とか色々ありますね。後付けしている感じもありますが。

「2:8」の割合は「パレート」にしちゃえ!!的な。

 

【働きアリの法則】

アリ社会では、全体の2割のみが8割の仕事をする。仮に勤勉な2割のアリをその集団から取り出すと、さっきまでのなまけものアリの2割が8割の仕事をこなす。逆に、勤勉な2割のアリのみで仕事を完遂させようとすると、なんと8割がなまけものになってしまうのだ。(この法則は、ハチの世界でも同様である。)

 

【2-6-2の法則】

<上位2割>実績・生産性が高く積極性に優れた優秀なグループ
<中位6割>上位にも下位にも属さない平均的なグループ
<下位2割>実績・生産性が低く積極的に行動しないグループ

つまり、「優秀な人2割」「普通の人6割」「パッとしない人2割」。人々が集団やグループを構成した場合、自然発生的にこのような内訳になるという法則。

 

もし、あなたが社長さんであれば、こんなことが言えます。

 

2割の、「優秀な方」へは

⇒解放する。自由に仕事をさせる。

 

6割の、「無害な方」へは

⇒そのままでいてもらう。

ただし、優秀になるため、優秀になったときの報いは準備しておくべし。

 

2割の、「給料泥棒な方」へは

⇒周りの迷惑にならないようにしてもらう。ルールは絶対に守る。

 

バランスが決まっていますから、変に「優秀な2割」以外の人たちを底上げすると、輪が乱れますよ、というアドバイスです。

 

★優秀な2割になりましょう!

 

★怠け者くんがいたら、8割はなまけものなんだなぁ、と思っていましょう。