[記事公開日]2015/02/02
[最終更新日]2016/05/10

乾燥対策は絶対すること!!

「乾燥対策?」

 

乾燥させないことってそんなに大事なのでしょうか。

 

少なくとも、乾燥することと、ニキビができることが直結するとは、私は思いませんでした。

(当然??...)

 

常に乾燥させていないことが大切です。

 

私は、「ニキビ対策」「アクネキン殺菌」と書かれた化粧水など

様々な商品を使いましたが、まったくといっていいほど効果はありませんでした。

 

なぜだか分かりません。

高価なものを買わなかったからでしょうか・・。

 

「どれを使っても治らない。」

 

これが私の結論でした。

 

私の肌がわがままなんでしょうが、

できるだけ無垢な肌に優しい化粧水がないものかと思いました。

 

スポンサーリンク  

色々と調べていると、化粧水を自分のオリジナルで作っている人がいることを知りました。

 

嘘のようで本当の話ですが、

私も、化粧水を手作りすることで「完全に保湿する」こと

に成功できました。

 

「保湿」に関しては100点満点です。

 

あらかじめお伝えしますが、

”ニキビ用”の塗り薬は使いましたが、ほとんど効果がありませんでした。

 

もしかしたら、効果覿面の医薬品がどこかにあるのかも知れませんが、

まずは保湿し、外部からの阻害を守ります。

 

あとは、ご自身の自然治癒力をある程度信じてみてもいいと思います。

 

結論、「保湿がニキビ対策のうち80%」だと私は思いました。

 

⇒手作り化粧水の作り方はこちら

 

乾燥するときはいつでもあります。

大人ニキビはよく首元にできます。

 

首やアゴにニキビができるのは本当に苦労します。

一度味わったことのある方ならきっと分かっていただけると思います。

そしてエンドレスにニキビができます。

(大人ニキビは本当にそうなのです・・。)

 

以下、気付きの範囲で書いた乾燥対策です。

 

・マフラーは綿のものを身に着ける

・襟の大きいシャツを着ない

・マスクのつけ方にも気をつける

 

⇒すべて理由は同じです。

乾燥しているものを、首やアゴ周りに身に着けるときは、注意します。

これらが何度も肌と擦れるうちに、水分を奪い乾燥させていきます。

マフラーはいくら肌触りがよくとも、綿でできたものを使うようにします。擦れても負担が少ないからです。

襟の大きなシャツも擦れないように注意します。

マスクもつけるときは、よくアゴ付近を保湿しておきます。乾燥した肌にマスクをつけると、擦れて大変ダメージが大きいです。

 

・水分を大目にとる

 

⇒侮ることなかれです。

普段あまり水を飲まない人は、意識してお水を飲むようにしてみましょう。

朝起きてからや、お昼ご飯食べ終わったあとにいつもよりもう一杯多く飲んでみる、

寝る前にはお水一杯飲むようにするなどです。

冷えたお水は腸に負担をかけますので、常温水か白湯だといいですね。

 

以上です。

 

 

yamatunes