【確実に!】子どもの教育資金を貯める方法

<貯金目安>

公立の小/中/高→私立大へ進学するとして、1人あたり大学入学時までに500万円貯めるとする。

 

貯める方法(1)

・児童手当で200万貯める

※3歳までは1.5万、3歳から中学卒業までは1万円が国から支給されます。生まれ月にもよりますが、すべて貯金した場合、約200万円貯まります。

※4月生まれだと:208万5,000円

※3月生まれだと:197万5,000円

 

貯める方法(2)

・現金で貯金

※単純に18年間×12カ月=216カ月あります。毎月2万円なら、432万円貯まります。

※児童手当と現金月2万円を維持できれば、200+432=632万円貯まります。

 

 

基本的に、教育資金は堅実が一番です。

 

 

以下、参考程度に。

 

1)積立NISA

10年以上、投資(運用)できるなら考える価値はあります。最悪なパターンとしては、引き出そうとしたときに相場が悪化して、元本割れ..というケースです。

2)学資保険

運用利回りは悪いです。日本のインフレを考慮すればむしろマイナスです。”掛け捨てではない死亡保険”として考える選択肢に入れるケースは多いです。(それならば”投資+掛け捨て保険にした方がお得!!”という意見もあります)

3)国債

銀行の定期預金感覚です。元本保証です。買う際は「個人向け国債10年(変動金利)」を買いましょう。1年で2回、年間10円ほどの利息ですが。

4)円積み立て

ソニー銀行、楽天銀行、ゆうちょなどあります。金利は低く、0.02%とか。さらに金利に対して、20%が課税されます。ソニー銀行はキャッシュカードを使用して、コンビニ等で入金します。手間はかかりますが、短期間&少額からスタートできるのは良いと思います。楽天銀行は楽天銀行に入金するのが手間でした。5万円以下は手数料かかるので。。証券口座やFX口座を使ってうまく入出金すると、手数料かからずお金を移動できます。

 

〜裏技系〜

1)「高等学校等就学支援金制度」(国の制度)

授業料の手当として月9,900円もらえます。(世帯年収910万円以下などの条件あり)

 

2)奨学金

有利子、無利子あります。成績優秀なら無利子です。

 

3)特待生

スポーツ特待、学力特待などあります。授業料免除とかあります。志望校のランクを落として特待を狙うという選択肢も”あり”です。(例:早稲田受かったけど、日大で特待生になる)

 

〜私の場合〜

・児童手当は全て貯金しています

・学資保険入っています(長男のみ、300万円コース)

・積立NISAやっています(家計用、全世界株式に月3万)

・国債も買っています(長男用、児童手当や出産祝いとかで)

・ITAファンドもやっています(長女用、月150ドル)

・最低限の貯金があれば、余剰資金系は運用に回した方がいいかな〜と思っています。子供はまだ小さいので。。

 

 

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。