【結局どっちなの?】賃貸vs購入 必死に考えてみた

 

〜以下で計算した場合〜

一軒家:4000万円

賃貸(マンションとか):月々14万円

※期間は35年間

 

一軒家の場合

1)初期費用

・頭金:0円

・購入時手数料(仲介手数料とか登記費用とか):320万(8%が相場)

→320万

 

<一軒家の初期費用> 
ローン取扱手数料(税込) 968,000円 
借入契約収入印紙代 20,000 円
抵当権設定登録免許税 176,000 円
抵当権設定にかかる司法書士報酬 80,000 円
その他 516,000円
→1,760,000 円

※イオン銀行で、消費税400万円を足した4400万円での借り入れをした場合

 

2)ランニングコスト

・ローン返済額:47,767,264円(元利均等0.475%、月々113,732円*420回)

・固定資産税+都市計画税:175万(年5万*35年)

・メンテナンス代(外壁、水回りなど):420万(月1万)

・火災保険料+地震保険料:35万(年1万)

→5406万(千円単位以下切り捨て)

 

計:720+5406=6126万

 

 

賃貸の場合

1)初期費用

仲介手数料:14万

→14万

 

2)ランニングコスト

賃料:5880万(月々14万*420ヶ月)

更新料:238万(2年に1度14万、17回*14万)

生命保険料:84万円(2000円*420か月、一軒家の場合、団体信用生命保険により死亡or高度障害でローンの返済は無くなります。一軒家と同条件にするため入れます)

→6202万

 

計:14+6202=6216万

 

〜まとめ〜

一軒家:6126万

賃貸:6216万

→差:90万、一軒家の方が安い

 

<備考>

・URや団地に住めば更新手数料は不要

・賃貸では実際、1箇所に住み続けることはないと思いますが、一軒家を同じにするため、引っ越し費用、引っ越し時の仲介手数料は割愛しています

・一軒家は金利が上がるリスクはあるが、賃貸もインフレにより賃料が上がる可能性がある。(おあいこ)

・一軒家は35年経過後も”家”が残ります

・光回線は一軒家の方が高速通信できますが、月々1000円ほど高いです

 

以下、参考程度に。

 

<一軒家を買う際ときに考えること>

間取り

・子供は何人いる?1人1部屋?(異性なら個別で部屋が必要と考えるべし)

・子供は何歳で出ていく?22歳くらい?(夫婦2人で一軒家は広すぎる)

・住み変えのリスクある?(あるなら購入するべきではない)

・死別、離婚の可能性ある?(あるなら購入するべきではない)

 

近くに何がほしい?

・スポーツジム

・スーパー

・役所、警察署、消防署、大きな病院

・図書館

・大きな公園

・ランニングコース

・駅

・本屋、ブックオフ

・100円ショップ

→その人の趣味とか、生活サイクルは大事。

 

相続する予定はある?

・駅近でないと子供はもらってくれないかも、貰い手がいないなら生前に売るべし。

・駅近で人気なところは購入してよいかも。貰い手がいなくても、買い手が見つかりやすい。

 

車で出かける方が好き?

→駐車スペース付きの一軒家がよいかも。

 

住宅ローン返せなくなるリスクある?

→ローン支払えずに手放してしまう(抵当)のが、一番損。

 

ハザードマップ見た?

→災害にはご注意。保険でもカバーできない可能性あり。津波など。

 

防犯、害虫対策、騒音対策

→一軒家は必要

 

仲介手数料は値下げ交渉してみるべし

・3%+6万円が仲介手数料の上限ですが、それ以下にしてもらいましょう。

 

銀行はいくつか審査してみるべし

・金利の安いところを探してみましょう!金利低いほど、審査が厳しい傾向にあり。

 

<賃貸メリット>

・住み替えできる

子供が独立したら小さな部屋に引っ越す、子どもの高校や大学の近くに引っ越す、いじめ・ご近所付き合いが悪くなったら引っ越す、騒音がひどいと思ったら引っ越す、家賃が高いなと思ったら安いところに引っ越す、気分で引っ越す(サーフィン始めたから海の近くがいい)などなど。

 

 

〜自分なりのまとめ〜

一軒家(マイホーム)を買う条件

1)離婚、死別、転勤などにより、その家から引っ越すことがないこと

2)資産価値が高く、35年後も買い手が付きやすいこと

 

 

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。