[記事公開日]2014/12/08
[最終更新日]2016/11/26

基本情報技術者試験 1-8(文字コード)

●シフトJISコード

 

JISは”ジス”と読みます。

日本国向け。「1バイト」or「2バイト」で構成されています。

 

 

「ほとんどの文字が2バイトで出来ている」と思っていただいて問題ないです。

全角のひらがなや、カタカナ、数字、漢字は全て「2バイトコード」です。

 

※「1バイト」だと、8ビットですから「255文字」までしか表すことができませんね。

 

例えば、「愛」という字は、「シフトJISの2バイトコード」で「88A4」(16進数表記)と登録されているようです。

16進数表記なので、2進数にすると

「00001000」「00001000」「00001010」「00000100」となります。

コンピューターは「愛」という字をこのように2バイト(16ビット)で記憶しています。

 

●ASCⅡ(アスキー)
⇒米国標準で、漢字なし。

 

●EBCDIC(エビシディック)

 

1964年にIBM社がSystem/360とともに発表しました。

企業が汎用機の使用時に用いています。

 

※「汎用機」ってなに?

汎用:広くいろいろな方面に用いること

 

「汎用機」とは、処理を担う広くいろいろな方面に用いられる大型のコンピュータのことです。

一日に何万件も処理するデザインもない、ただデカいのは汎用機だと思われます。(笑)

 

汎用機

 

汎用機2

 

処理速度の速い汎用機で使いますから、文字はそこまで複雑にはできません。認識して書き出すまでに複雑になってしまうからです。よって、EBCDICコードは「1バイトコード」(255文字以下)です。

 

▲「EBCDICコード」といっても、「〇〇版EBCDICコード」が多数存在します。そして、多数「EBCDICコード」として派生させて作る割には、どれも互換性は乏しいのです。さすが企業。・・

 

●EUC(イーユーシー)
⇒拡張UNIXコード

 

●UNICODE(ユニコード)
⇒各国の文字を統一する

 

●まとめ

何ビットあればあれば、何文字が表せられるのか聞かれます。

8ビットだったら、「1+2+4+8+16+32+64+128=255文字」ですよ!

 

「EBCDIC」は馴染みの薄い方がいると思いますが(当然ですけど・・)、

よく出題されます。まだまだEBCDICを使った汎用機が稼働しているからです。

 

「UNICODE」は”UNI”から”統一する”という意味が読み取れますね。

※「Uniform」(制服)など