[記事公開日]2014/12/08
[最終更新日]2016/11/26

基本情報技術者試験 1-9(論理演算)

2つの数字があります。

 

そこに以下のような関係性を持たせます。

 

・OR
・AND
・NOT
・XOR(EOR)
・NOR

 

そうすることで「1」が「0」になったり、その逆になったりします。

 

そんな内容です。

 

 

順番に見ていきましょう。

 

●OR

⇒どちらかが「1」なら答えは「1」になります。

 

 

●AND

→両方が「1」なら答えも「1」になります。「アンド」と聞くと”足し算”かと普通は思いますが、違います。(笑)

 

●NOT

→単純に数字が逆になります。「1のNOTは?」と聞かれたら「0」と即答できます。

 

ここから少し難しくなります。

※といっても、チョー簡単です。

 

 

●XOR(EORともいう)

EOR

⇒どっちかだけ「1」なら「1」になります。”X”が排他(exclusion)なので、その”x”をとっています。

※一番ややこしい。

 

●NOR

NOR
⇒「NOT OR」だから、「OR」の答えの逆になります。

 

どうですか?

 

覚えられそうですか?

 

「XOR」だけ覚えれば大丈夫そうですね。

「排他的論理和」

どっちかだけ「1」なら「1」 です。

 

 

●例(1)

「1010」にXOR「1101」をした

答え:「0110」

 

●例(2)

「1010」XOR「1111」をした

答え:「0101」

 

ある数に対して全て1にした「XOR」をしてあげると、”ある数”は元の数字列の逆になります。ということですので、逆に元の数字列である「1010」が問題の選択肢になったりします。

 

●例(3)

不明のビット列「xxxxxx」に、AND「111111」をした。

すると、「110010」と結果がでた。

さて、元の数(ビット列)は何でしょうか。

※ヒント:「AND」は「両方1なら1」です。

”不明のビット列”は、「110010」である

 

(もう少しで終わります・・。)

 

そして、なんだかロケットの様な図が出題されます。

 

ぶっちゃけ、超出題されます。。

 

ぐえ・・

 

覚えてください。

 

実は、このロケットの意味は問題文に書いてあります。配られる問題冊子の3ページ目くらいに書いてあります。ただ、その説明を見ているのも時間の無駄ですから、覚えてしまうのが一番です。

 

※ロケットとは正式には「論理回路の記号」と呼びます。

 

★覚え方のヒント★ 超大事!!

①NOT:△はNOTです。“N”の書き始めのような形をしています。

 

そして、先頭に「N」(NOT)がつくものには丸いポチがつきます。

(②NOR、③NAND)

 

④AND「D」の形をしています。

 

⑤OR「R」の頭のような形

 

これで6つのうち、5個は覚えられます。「XOR」だけ自力で覚えてください。「XOR」も、「OR」で「R」の形をしていますから、分かり易いですよね。

 

・真理値表

真理値表

上の表が「真理値表」です。

「次の論理回路の結果はどれか?」なんて問題がでたら、時間をかけて「真理値表」を作ってあげましょう。というか作らないと解けないと思います。

 

例)

否定論理和回路(NOR)でA=0、B=1のとき、結果は何になるか?

答え:0

 

・ベン図

ベン図

円が重なっている図が「ベン図」です。

左の式を読み取って、正しいベン図を選ぶ問題がでます。

※ぶっちゃけ難しいです。

 

「AB」というのは「A AND B」という意味です。

※「・」は論理積(AND)を指します

 

「AB」というのは「A OR B」という意味です。

※「+」は論理和(OR)を指します

 

「A・B」・・・「A AND B」・・・論理積・・・どっちも1なら1

「A+B」・・・「A OR B」・・・論理和・・・どっちか1なら1

 

上に線が引かれているやつ(オーバーライン?)は、「否定」を意味します。

「B」の否定なら「B以外」と訳します。

ベン図のとおり、Bのマル以外が対象となります。

 

論理回路の記号(論理記号)や、ベン図、真理値はどれも同じことをやっています。どれが見やすいかの話しだけです。基本情報試験の問題では、「この論理回路と同じ結果になる、論理回路はどれか?」という問題がでます。そのときに真理値だったり、論理回路の記号がヒントになったりするわけです。問題を解いてみないと慣れんませんねぇ。。「この式と同じ結果になるベン図はどれか?」という問題がでます。

★ベン図解法のコツ

・公式を覚える(ド・モルガンの法則など)

・暇なときに遊びで書いてみる

・Youtubeで「ベン図」で検索してみる

午前の問題に過ぎず、これに時間かける必要はないかも。

※ちなみに私は、問題でたらやったり、少し遊びで書いていた程度でした。^^;

 

 

--基本情報技術者試験 1-9(論理演算)--
OR:どっちか1なら1、論理和、Rみたいな形
AND:どっちも1なら1、論理積、Dの形
NOT:否定、上に線、Nの形
EOR(XOR):排他的論理和、「片方が1、もう片方が0」なら1
NOR:否定論理和、結果はORの逆

☆論理回路の記号覚える
☆日本語訳を覚える
☆ベン図に慣れる、描けるようになる
☆真理値表の書き方くらい知っておく

 

 

以上です

 

 

yamatunes