[記事公開日]2014/12/15
[最終更新日]2016/11/30

基本情報技術者試験 3-10(入出力インタフェース)

●データの転送方法

・シリアルインタフェース

⇒1ビット単位で直列で転送する

 

・パラレルインタフェース

⇒複数のビット単位を、並列して転送する。

 

かつてはパラレル式の方が早かったが、

現在はシリアル式の方が早い転送手段となっている。

 

●USB(Universal Serial Bus)

周辺機器を接続する穴の規格のこと。

63台まで接続できる。

 

※ちなみにこれはUSB”メモリ”である。
USBメモリ

 

●IEEE(アイトリプルイー)

構想でデータ送信できる。

音楽や動画など。

 

●ホットプラグ

接続先(例えばPC)の機器の電源を入れたままで、

周辺機器(例えばUSBメモリ)の抜き差しができること。

ホットスワップと同じ意味。

 

●バスパワー

電源を接続先(例えばPC)から供給すること。

 

●シリアルATA

従来の「パラレルATA」よりも高速である。

シリアルATA

●IrDA

赤外線通信を使って、データを転送する。

※プリンタなど

 

●BlueTooth

無線通信。半径10Mまでなら。

指向性がない。

 

USB メモリ USB People

【USBピープル】サッカー代表モデル 2GB 【送料無料】【YDKG-u】

【クリスマス特集】【名入れギフト】 USBメモリ キラキラストーンカラフル

(ギフト/ギフトセット/内祝い/結婚内祝い/結婚式/お返し/プレゼント/父の日/母の日)