[記事公開日]2016/10/27
[最終更新日]2016/11/26

基本情報技術者試験 5-1(システム処理形態)

バッチ処理

⇒一括処理

(給与計算システム)

 

オンライントランザクション処理

⇒高い信頼性、高い即時性

(座席予約システム、預金システム)

 

リアルタイム制御処理

⇒極めて厳しい即時性

(発電所、自動運転システム)

 

タイムシェアリングシステム

⇒CPUを時分割

(プログラム開発)

 

「集中処理」

⇒複数台の端末→一台の汎用コンピュータ

良い点:データの一貫性、セキュリティが確保しやすい

悪い点:一部の故障がシステム全体に影響する可能性あり、機能の拡張が困難。

集中管理

 

「分散処理」

良い点:障害を局所化できる

悪い点:運用管理が困難、障害の原因追求に時間がかかる

分散管理

 

◆組み込みシステム

(家電や自動車に組み込まれているコンピュータ)

良い点:ソフトフェアを変更するだけで製品の改良ができる