[記事公開日]2016/04/27
[最終更新日]2016/12/06

【FX】損切りしたくない・・・(じゃあどうする!?)

 

微益損大の方、いらっしゃいませ。

 

さて、含み損がハンパなくなってきたときはどうするか。

 

損切りしようが、損切りしまいが、それは個人の自由です。

 

戻る時もあれば、戻らないときもあります。

 

スワップで儲かっている感じもすれば、非常に損している感じもします。

 

私は2016年1月にロスカットされました。

 

いまにして思えばその時点でロスカットされていて良かったかも、という感覚があります。

(いまのまだ下がっているからです)

 

※ちなみにそのとき持っていたのはポンドで10ロットでした。死ぬ~

 

さて本題ですが、私がそこで身に着けたことは

【ナンピンを安易にしないこと】

です。

 

底だと思っていても底じゃないことが何度も(10回)もありました。

 

まさかこんなに(円換算で約20円の値動き・・)円高になるとは思っていませんでした。

(誰だよ、ドル130円とか言ってたやつ・・・)

 

じゃあ、どうすればよいか。

 

明らかに逆トレンドだと判断した場合は「両建て」することをオススメします。

 

「たぶん」としか言いようがありませんが、【ナンピン】よりは安全思考な行動だと思います。

 

買いで2ロット買ってしまい、マイナス2万とか、マイナス4万くらいになってしまったら諦めて「両建て」をしてください。そのまま下がってしまっても売り注文で利益が乗っかってくるため、トータルでは同じになります。

 

「意味なくね?」

 

と思うかもしれませんが、あくまでもこれは私の見解で、ナンピンするよりは、こうした方がいいよーというお話です。

 

下降トレンドが終了した時点で「売り」を手放します。

そのときに買い注文はマイナス10万くらいになっているかもしれませんが、その分「売り」での稼ぎがあるので我慢してください。そして、また上がるのを待ってください。

 

下落トレンドがいつ終わるのかは、自分で判断するしかないです。

 

また下落が始まってしまったら、また売り注文を入れてください。

 

ひとつだけ注意点です。

 

「買い」注文4ロットに対し、「売り」注文4ロットで両建てするとします。

 

下落トレンドがその場で終わってしまい、急速度で上昇トレンドになると、両建てした意味がなくなってしまいます。それは仕方がないです。

 

逆に、予想通りドンドン下落していったとします。

「両建て」して成功だったということです。「売り」注文は利益がのった時点で「逆指値」で「買い」(手放す)にしてください。微益でいいので、逆指値をしておきます。

 

逆指値は最強です。

 

利益はドンドン伸ばし、損失は最小限に食い止めるからです。

 

そして、私はロスカットになってから「売り」ということを覚え、スワップとか割とどうでもよくなりました。(笑)。「売り」ってなんか躊躇してしまいますよね。(^^;)

 

※用語、詳しい手法は割愛します。

 

以上、ナンピン地獄を経験し、マイナス80万のロスカットにあった人のお話しでした。(^^)

 

 

yamtunes