【チャリ旅】埼玉→大阪(準備編)

 

1)体力作りをしましょう。

・腹筋

・背筋

・スクワット

・ランニング

などなど。

 

私はこれまでに、3度大阪へ行きましたが、「ふともも(大腿四頭筋)」はかなり高負荷がかかります。2日目以降疲労で動かせない・・なんてことになります。そしてスピードダウンになります。ふとももがパンパンになったときの登り坂はかなりキツいです。やる気があっても、登れないです。

 

また、体力作りはケガ防止にもなります。高負荷で数回スクワットするよりも、軽い負荷でもいいので、長時間トレーニングをするようにしましょう。(遅筋を鍛える)

 

リュックを背負っていれば背中も痛くなってくると思いますが、それでも「ふともも」は重点的にトレーニングしておくとよいでしょう。

 

なお、太ももの裏(ハムストリング)も少しでもいいので鍛えておくべきです。通常はこの筋肉は使わないと思いますが、坂道で自転車を押して歩いているときにこの筋肉が使われます。普段使わない筋肉なので、すぐに筋肉痛になります。(実体験)

 

2)道のりを調べましょう

私は「Googleマップ」や「自転車NAVI」、「ルートラボ」で調べました。そして、本番では「Googleマップ」しか見なかったです。

 

3)自転車の疲れない乗り方を調べましょう。

ひとえに自転車に乗るといっても、乗り方はさまざまです。

・前のめり?背筋は直立?

・浅く座る?深く座る?

・ギアは軽く?重く?

・疲れたらどうする?休む?軽めにこぐ?

・内股でこぐのってどうなの?

・ペダルの足の位置はどこに?

・脇は締める?普通でいい?

・下り坂はどう下る?上り坂はどう上る?

・風が強いときはどうする?体制は?

・かっぱはどんなの着るべき?

・食事をとるタイミングは?

などなど。

 

漫画を読んだり、Youtubeで検索してみるといいかもしれませんね。

 

まず、長距離を走る上でのコツとしては、軽めのギアで回転数を上げることです。重いギアで頑張るよりも負担がかかりにくく、怪我もしにくいです。疲労も溜まりにくいと思います。

 

それ以外は好みの問題が大きいですが、長距離走を想定して色々と調べてみましょう。

 

4)自転車がパンクしたときを考えましょう

・自力で整備する(直す)

・リタイヤする

 

修理できないなら、リタイヤを考えておきましょう。なお、自力で直すのであれば、タイヤチューブや空気入れなどの「修理キット」を携帯する必要があります。