埼玉から大阪まで ~自転車の旅~(1日目)

埼玉から大阪まで自転車の旅(1日目)

 

出発:9/5 7:00

途中まで:9/5 23:30

走行距離:約167km

 

目標:埼玉県狭山市~静岡県富士市

結果:埼玉県狭山市~静岡県静岡市

1日目ルート

 

宿泊:駿河健康ランド

 

天候:晴れ

 

まずは地図上で知っているところまで行きました。

道案内には『Google map』を利用。

screenshotshare_20150905_110959

 

あらかじめスマホにアプリをダウンロードしておきました。

 

車ナビ、徒歩ナビなどありますが、もちろん「徒歩」ナビを利用。

 

徒歩ナビなので、自転車は通れるハズ・・・と思っていましたが、徒歩でも自転車でも通れないような「自動車専用道路」も多く存在しました。

 

『Google map』での徒歩ナビ通りに進めばいいとも限らならいようです。側道を通ったり、道を引き返したりと色々ありました。

 

※自転車でのナビは各社色々とありますが、有料で使用なら『自転車NAVITIME』が有名かもしれません。

 

ルートを検索するコツとしては、「起伏情報」も目に通しておくことです。

 

坂道がどのあたりにあって、そこが登り坂なのかどうかを知らせてくれます。

 

スタートからどのくらいの距離で坂があるのかひと目で分かります。

起伏情報

 

起伏情報は、「Yahoo!地図」を使用しました。

 

神奈川から静岡に入るあたりで急な上り坂があることが分かりますね。

 

”標高”と書かれてもよく分かりませんから、自分が知っている急な坂道があれば、そこがどのくらいの”標高”なのかを調べておくと分かりやすいです。

 

また、アプリによって使い方や機能は色々とあります。

※「Google map」、「EZナビウォーク」、「自転車NAVITIME」など。

 

もしナビアプリを使うのであれば、出発前にアプリを使ってみるとよいです。

 

例えば自宅から駅までをアプリで言ってみるとよいです。

 

どのくらい手前で「右へ曲がれ」などのナビ案内をしてくれるのかが分かります。

 

有料アプリである『自転車NAVITIME』は私は使ったことはないですが、「坂道の多い経路」、「距離の短い経路」などが選択できるようです。

 

あと、有名なのは「ルートラボ」。

 

掲示板情報ですが、自転車の先輩方がどのルートで行けばよいのか教えてくれます。

※定番ルートもあれば、個人の好みのルートもあります

 

気を付けなければいけないのは、「ルートナビ」とか「地図アプリ」といってもただの「ルート検索」(道を示すだけ)と「ナビ付き」があります。是非「ナビ付き」を使ってください。

 

音とGPS機能で「何メートル先をどっちに曲がればいいか」を知らせてくれます。

 

ただ難点なのは、ナビ付きのアプリを使っていると、スマホの充電の消耗が激しいことです。

 

ざっくりですが、1時間で10%くらい消耗します。(auのGALAXYを使用した)

 

細かい道はナビが必須ですが、長く一本道が続くと分かれば、アプリを停止しておくとよいでしょう。「○○という交差点が出てきたらまたアプリで確認しよう」という具合です。

 

途中の信号待ちのときは、ナビをOFFにた状態で『Google map』で現在位置を確認したりしていました。

 

さて、実際の走行ですが、私は「1日100キロ」か、「1日9時間走行」を目安にしました。それ以上は無理しすぎかなと思いました。

 

(実際はもっと走りましたが・・・)

 

初日は朝7時に出発し、4時間後の11時に休憩を入れました。

 

飲み物が無くなってしまったため、水道を探していました。ちょうど神社?に水道があり、ベンチもあったので、少し休みました。というか仮眠しました。(笑)

20150905_110538

(前日は本業のあとアルバイトで寝不足だったので・・)

 

家から持っていったお弁当も食べました。

20150905_110729

 

家の人が作ってくれました。「重いからいいよ」と断っていましたが、少し感謝しています。

 

(ぐしゃぐしゃになってしまっています・・)

 

身体に支障はまだありません。少し暑かったです。

 

すでに知っている道ではないので、その点が何だか不安です。

 

ただナビ通りにひたすら進むといった感じです。

 

ギアは意識して軽くしました。

 

早く行こうとしてギアを重たくすると、足に負担がかかり、後日走れなくなるとネットで見ていたからです。

 

自転車は走ってはいけない自動車道を走ってしまったり、火事現場に遭遇したり、スマホの充電がきれて家電量販店に寄ったり、色々とありました。

 

こちらは火事現場です。あとでネットで調べてみると、「大満倉庫」というところらしいです。

20150905_210341

大満倉庫

 

EDIONで買ったモバイルバッテリー。

2015-09-20 05.32.32

 

モバイルバッテリ-の相場を調べようにもスマホが使えないため、分からず・・。

その店頭で売られている商品が安いのか高いのも分からず・・。

なんとなく、お得そうなのを買いました!

 

夜になってきて、そろそろ宿を探そうと思いました。

 

時刻はすでに22時とか。

 

立ち寄ったコンビニで聞いてみたり、道行く人に聞いたりしました。

 

こんな遅い時間でしたが、歩いている人に聞いてみまいた。

 

すると、「この先に健康ランドがある。私は運動のために歩いていく」とのことでした。

 

『ありがとうございます!では先に行っています!』

 

お礼をしてすぐに向かいました。

 

しかし、5分くらいしてもなかなか着かないため、一度地図で確認しようと思いました。確かにこの先に「(駿河)健康ランド」はありました。

 

ちょっと考えました。あの人、そこまで歩くってどんだけ歩くんだろう・・・。

 

自転車で20分くらいかかりました。距離でいうと5キロくらいはあったと思います。

 

・・・なんだか次第に怖くなってきました。

 

出会ったのも、国道1号というまったく歩行者などいない場所。歩きやすいような環境では決してありません。

 

時間も遅かったし・・・。

 

私はこう思いました。

 

『これ、健康ランドに着いたら先にあのおじさんが居るってパターンちゃう!?』

 

『あの人は歩きだったけど、俺はチャリ。抜かせるはずなんてないのに先にいるんじゃないか!?』

 

そう思うとすっごく怖くなりました。

 

めちゃくちゃいい人だったので、そんなはずはないと思いましたが。

 

あのおじさんが健康ランドに着いたのかは分からないけれど、健康ランドはあったし、最高の時間を過ごしました。

 

駿河健康ランドは本当に素晴らしかったです。

 

もし近くを通ったらもう一度行きたいです。

 

本当にオススメです!

 

サウナ、水風呂、普通のお湯、ぬるま湯(水中プールに近い)などがありました。

 

まずは、ぬるま湯で身体を癒すことに。

 

全身は入れるくらいの大きなぬるま湯ですので、プカプカ浮かんでました。

 

その後サウナで身体を温めたり、水風呂で身体全体をアイシングしました。

 

岩盤浴もあったのですが、それよりも睡眠欲が勝り、止めました。

 

『駿河健康ランド』では携帯の充電もできました。

20150906_080706

※到着のときにはスマホの充電が無かったため、翌日撮影。

 

コインランドリーもありました。

20150906_012841

 

 

衣服類はその都度捨てていこうと思いましたが、予想以上に到着までに時間がかかりそうでしたので、選択して再利用することに。リュックが重いままなのは承知です。

 

ありゃりゃ!

20150906_012826

 

ドライヤーの使用はもちろんのこと、シャンプーや髭剃りなんかも揃っていました。

 

料金は3000円少し。

レシート 駿河健康ランド

 

深夜2時~5時に館内利用だと深夜料が発生するようでした。

 

昼間の利用なら2000円くらいということです。

 

さて、寝室ですが、ベットや布団はありませんでした。

 

仮眠室と言われることろで大部屋で雑魚寝するか、TVルームでリクライニングシートで寝るか、マッシャージチェアーで寝るか選択肢がありました。

 

お風呂や洗濯を済ませていると、マッシャージチェアーで寝るケースしか残されていませんでした。寝るのには十分でしたし、他の方もそこで寝ていました。(むしろ、マッサージチェアーを動かすほうが迷惑になるようでした・・)

 

そこに宿泊することもできたのですが、料金が7000円くらいでしたので、初日ということもありそれは止めました。この後どこでお金を使うか分からないですからね・・。

 

 

漫画もいっぱい置かれていましたよ!

 

朝10時がチェックアウトでしたので、それよりも前に出発しました。

20150906_080830

 

10時までいたら、時間が無くなってしまいますからね・・。

 

1日目はまだ元気ですので、距離を稼ぐことが目標でした。

 

後日の天候は不良続きとのことでしたので、それも頭に入れて走っていました。

 

「できるだけ今日のうちに走っておこう」と。

 

坂道でキツかったところです!!

 

町田市野津田高校 付近!

神奈川県伊勢原市 全体!

・相模原市「別所」交差点 格別!!

 

別所

1日目坂

 

地元の人なら分かるのかな?

 

すさまじい坂が待っています。(笑)

 

緩やかな長い坂もあれば、短い急な坂もあります。

 

伊勢原あたりから「国道246号」を走ります。

 

伊勢原から御殿場あたりまでは坂が多いことを覚悟したほうがいいです。

 

特に伊勢原から「ふじおやま」という道の駅までは。

 

私も自転車を押して歩くことがしばしばありました。

 

車道も狭く危険です。自転車が快適に通れるような道にはなっていません。

 

その道がたまたま自転車で走りやすいかどうかです。

 

山とか川のある道を走ります。

 

でっかいトラックなんかも走りますから、途中で自転車を寄せて止まったりもしました。

 

ゴールはまず「ふじおやま」という道の駅です。

 

ここまで行けばひと安心です。

 

その後も2キロほど上り坂になりますが、その後は下り坂が永遠と続きます。

 

さて、話は変わりますが「246号」沿いで鍵を拾いました。

レシート 取得物

 

落し物です。

 

車の鍵なのか、ドライバーさんが落としたような鍵が車道に落ちていました。

 

大き目の鍵が3,4つついており、あきらかに大事ような鍵!!

 

車道でしたが、鍵を拾いにいきました。

 

この鍵をどうしようかと思い、交番が出てくるまで走って持っていようと思いました。

 

幸い、すぐ近くに「御殿場警察署」があったのでそこに預けました。

 

私の住所を聞かれ、「埼玉県」と聞くとビックリしていました。

 

格好が自転車なので、それもそのはずです。

 

どのくらいかかったのか、どこまで行くのかなど少し話をしていました。

 

なんちゃらという権利は放棄し、その場を後にしました。

 

何度か大きな橋を渡りましたが、橋の上は気持ちよかったです。

※写真は「相模川」です。

 

相模川

 

風も気持ちいいし、景色も良いからです。

 

車道とも離れていて、安心して走れます。

 

ロードバイクに乗っている人たちもいます。

 

下で釣りをしている人を見るだけでも癒されます。

 

途中の川で降りたりもしました。

 

足が熱く、痛みだしてきたので自然の川でアイシングです。(笑)

※この頃すでにバッテチー切れで写真なし・・

 

通称「青看板」はとても便利でした。

 

あとどのくらいでそこに到着するのが分かるからです。

 

不思議なもので、「10キロ」くらいなら余裕感が生まれます。

 

「30キロ」で「ちょっと頑張んなきゃな」という気持ちです。

 

名古屋まで「264キロ」って標識がでてきたときはビックリしました。

 

『ハンパじゃねぇぇ・・・。俺はそこまで行くのか・・。』

 

一日100キロと考えると、「明後日くらいには着くのかなぁ?無理かなぁ」なんて考えてました。

 

1日目はとても充実した日になりました。

 

途中で寄ったイオン!

お茶が29円で売られていた!!安い!!(笑)

レシート イオン