【3回目】東京→大阪 自転車の旅メモ

 

・出発前に息子とパシャリ☆

 

・こんな感じのチャリ(LIGMOVEというやつ)

 

・初日、途中から雨。。

 

・いつもの宿☆(駿河健康ランド)

 

・ヘルメット入れがあったらしい!

 

・洗濯しておく〜

 

・カレー1100円くらい(^^)

 

・なんとなくパシャリ☆

 

・富士山!

 

・Mt.Fujiと一緒に!(笑)

 

・後ろも山!

 

・すき家のソファが柔らかいと感じる。。

 

・で、やっぱり雨!!怒

 

・間違えて自動車道に入ってしまう。。すみません。

 

・3日目で大阪到着!自己最短!

 

・お!?

 

・お??

 

・ゴールデンウィークで激混み(笑)

 

・安定の真顔

 

・安っ!

 

・出汁がおいしい〜

 

・帰りは新幹線♪(甘え)

 

・初めての輪行バック(>_<)

 

・最寄り駅に着いてから組み立て!

 

・基本的にPayPay使ってましたとさ〜

 

ざっくり、こんな感じの旅でした。(笑)

 

↓↓

以下、詳細です。

 

今回で大阪へのチャリ旅は3回目となります。

 

2019年4月26日(土)〜2019年4月28日(月)

 

 

1日目

 

・朝8時に出発→21時半着

・練馬区(自宅)→静岡市清水区(駿河健康ランド)

・走行距離:約170km

 

 

2日目

 

・朝7時半に出発→21時半着

・静岡市清水区→愛知県名古屋市(カプセルイン柴田)

・走行距離:約187km

 

 

3日目

 

・朝8時半に出発→23時着

・愛知県名古屋市→大阪駅

・走行距離:約168km

 

 

ルート

 

自宅(練馬区の石神井消防署あたり)から沼津までは311号線(環八)、246号線を利用した。

その後は基本的に国道1号線。主な迂回ルートは以下。

 

■箱根峠回避ルート
246号線なら小田原をすっとばして、沼津まで来れます。伊勢原、御殿場あたりも坂はありますが、箱根ほどではないです。

 

■金谷峠回避ルート
駿河健康ランドから浜松は、150号線を利用。

 

■伊賀越えルート
亀山市から大阪までのショートカットルートのこと。25号線、163号線を利用。

 

 

費用

約31402円

 

(1)宿泊費

→8300円

・駿河健康ランド:3000円

・カプセルイン柴田:2500円

・アプレシオ梅田:2800円

 

(2)飲食費

→6302円

・道中:3502円(ローソン横浜フィールドアスレチック前500円、ローソン沼津西沢田334円、ローソン浜松米津75円、ミニストップ道の駅藤川宿364円、ファミリーマート名四小具須338円、ローソン伊賀野村451円、ローソン笠置切山336円、ファミリーマート御殿場二枚橋248円、ファミリーマート小坂井356円、駿河マックスバリュー500円)

・宿泊先:2800円

駿河健康ランド:1500円(カツカレー1000円、ビール500円)

カプセルイン柴田:1300円(晩酌セット1000円、朝食300円)

 

(3)帰宅費

→16800円

・新幹線:13500円(新大阪→東京)

・電車賃:500円くらい(東京駅→最寄り駅)

・シャワー:700円(アプレシオなんばアムザ店)

・着替え:2100円( GU心斎橋店:ズボン1500円、Tシャツ600円)

 

出発時にも軽く食料は持って行きました。また、大阪に着いてからの飲食代、お土産代などは載せていません。あくまでも参考までに。

 

 

感想

 

大変過ぎる。

 

もうやんない。(^^;) 3回目だけど(笑)

 

 

今回も雨走行が半分となった。雨はかなりダルい。後輪の雨よけ(泥除けフェンダー)や、防水のリュック、きちんとした雨具(防水ジャンパー的な)は必要だと思った。防寒対策もやや弱かった。止まると寒くなってしまうのでかなり注意が必要でした。

 

宿泊代や飲食代はかなり節約できたと思う。3回目だからこそ、色んなことが予想、把握できて節約できたのだと思う。

 

今回は3日で完走することができた(いつもは4日)。これも慣れというやつだろう。前回や前々回の途中ゴール地点を目標にできたのは、いいことだった。(逆にいうと1回目、2回目の中間地点はプレッシャーとなりました。1日目で静岡まで行かなきゃいけないのに、神奈川で挫折した自信なくしますよね・・)

 

初めて輪行袋を使って帰ってきました。実は輪行袋は1度も使用したことがなく、現地(大阪)に着いてから初めて使いました。初めは使い方がよく分かりませんでしたが、なんとなくそれっぽくなったので、そのまま帰ってきました。ちなみにもう輪行袋を使った旅をする予定はないので、家に帰ってきたら捨てました。(笑)今回はクロスバイクで行きましたが、前輪をクイックレバーで外して、サドルを下げて、ハンドルを90度回転させるだけで収納できましたよ。工具も必要ありませんでした。玄人は後輪も外すみたいですが、私は大きめの袋を買って、そこまでコンパクトにはしませんでした。(やる気無しw)

 

やっぱり観光はしなかった。大阪に着いてからも観光しませんでした。一応道頓堀には行きましたが疲弊し過ぎており、帰りの新幹線までほぼ漫画喫茶にいました。(笑)何度か来たことはあるので、そこまで行きたい&見たいものが無かったというのも理由です。

 

モバイルバッテリーが優秀だった。モバイルバッテーリーはスマホの充電にも使用したし、ヘッドライトの充電にも使用しました。ヘッドライトは走行中に消えかけてしまったので、モバイルバッテリーを接続しながら点灯させて、走行していました。ちょっと重いけど優秀!

 

2時間に1回10分の休憩で頑張ろうと思いました。しかし、実際は全く守れていませんでした。アハハ・・。休憩は計画的にとると良いと思いますが、実際走り出してしまうと、あまり止まりたくないんですよね〜〜。休憩しなさすぎて、結局疲れ過ぎてしまうのは確かに勿体ないと思います。

 

時速20kmを意識して走りました。この速度であれば「1時間20km」「1km3分」です。例えば、「浜松まで30km」という看板が出たら、「1時間30分で着くだろう」ということになります。モチベーション維持にはある程度の推測は有用だと思います。

 

 

最後に

 

1回目と2回目が後悔の連続でしたので、3回目を決行しました。3回目も小さな後悔はいくつかありましたが、概ね順調でしたので、これにてチャリ大阪旅は終了したいと思います。

 

チャリで埼玉→大阪(または東京→大阪)へ行きたい人向けのページは、別に用意してあります。

 

ご興味のある方はこちらをどうぞ。

→埼玉から大阪まで ~自転車の旅~(まとめ編)

 

 

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。