バルログ

●立ち回り

(1)バルセロナアタック>イズナドロップで初心者狩り

→表当て、裏当て、投げで攻めてみましょう。相手がどれだけ対応できるのか。セービングしてくる相手には投げか、EXゲージを使って2段当てにしましょう。投げは、いつも(中心)より、後ろに合わせるといいです。うまく対応されてしまうようならやめましょう。

※EXバルセロナアタックで2段当てにする方法:レバーをニュートラルにしてみてください。早めに相手の下に行き、パンチボタンを2つ押します。

(2)バルセロナだけでゲージ貯めしてもよい

→相手がどんな動きをしてくるのか観察しておきましょう。バルログはせめてゲージが1本ないと弱いです。

(3)立中K

→前後に動いてちょこちょこ当てましょう。立強Kでもいいのですが、空振りすると大きなスキができてしまいます。そのタイミングで前Jされるとかなり痛いです。もう少しで勝てそうなときは、これを多用します。

(4)ソバット→強テラー

→先端当てにする。深くささってしまわないように注意。

※ガードされたら、ひとまず投げ抜けをしながらガードしましょう。コパンを出してもいいのですが、だいたいのタイミングで負けてしまいます。バルログ対策ができている人は、「屈中足→EX竜巻旋風脚」などをやってきます。また、多用しすぎると、セービングされることもあるので注意です。

(5)スライディング

→基本的には使わないようにしましょう。

※もちろん、先端あての距離でやります。逆にその距離では相手もスライディングを読んで、セービングをしていたりします。相手がスライディングやソバットの位置でセービングをしてくるようであれば、EXバルセロナアタック>イズナドロップと繋げましょう。それによって、ソバットやスライディングもしやすくなります。

(6)屈中P→EXバルセロナアタック>イズナ

→ガードされていても、逃げることができるので無難な技です。ヒット確認もできる時とできない時がありますが、そこまで意識しなくてもよいと思います。

(7)移動投げ

→強K>投げのズラし押しです。

※前歩きしながら(相手方向にレバーを倒しながら)やると感覚が掴めると思います。屈コパや立弱K、屈中足を挟みながらやるとおもしろいです。

●近距離

(1)基本的には屈コパ

→屈コパでをちょこちょこだし、ヒットしたら「屈中P>EXバルセロナ>イズナ」と繋ぎます。現実的には「屈コパ>屈コパ>屈中P>EXバルセロナ>イズナ」となります。屈コパ1回ではEXバルセロナへの反応(ヒット確認)が難しいからです。

※屈コパを何度も出し、それでも全てガードされるようであれば、距離的に途中から屈中Pでヒット確認をして、「屈中P>EXバルセロナ」へと繋げていく。

●起き攻め

(1)前後うろちょろ>スマート>強テラー

(2)前後うろちょろ>移動投げ

(3)強ローリングで削り

※画面端に持っていくこともできる

(4)屈中K>屈中P>EXバルセロナ>イズナ

※立投げ抜けや、中段技を気にして立っている相手にヒットする。

※もし、バクステを多用する相手であれば「辻式」(屈弱K>屈強Kのズラし押し)を使っても構わない。

(5)中段技(前下中K)

→ヒットの有無に関わらず、そのあとに移動投げしてみても面白い。「中段>後ろに軽く歩いて>また中段」というのも面白いです。

(6)近距離から逃げJ強P。

※ザンギエフに使ったりする

※「近距離から逃げJ強P」のあとは、屈強K(スライディング)がいい感じに先端当てになる。

(7)前ジャンプ強Kからの読み合い

相手の起き上がりに合わせて「前ジャンプ強K」をします。ここはガードされてもOKです。その後、「立強P」でグラ潰しに持っていくのか、「投げ」るのか、「屈中K」にするのか・・というランダムな攻撃を仕掛けることができます。また、相手にEXゲージがある時は昇竜拳などの無敵技をコスっている(ガチャ連打)可能性もあるので、「前ジャンプ強K」の後は「何もしない」という選択肢もあります。

●セビ3から

(1)ソバット>強テラー

→バルログは相手と近い距離でセービングを構えることはない(近すぎはバルログが不利なため)。そのため、遠目でヒットすることが多いのだが、遠目でヒットした時は距離や時間の猶予的にもこれが一番多く使う。

(2)前ステ>立強P(2段)>屈中P>EXバルセロナ>イズナ

→密着状態の時は「前ステ」不要。

(3)バクステてしまったらスライディング。

→バクステ後の「屈中P>EXバルセロナ」は入力が遅いとEXバルセロナがスカってしまう。

●垂直Jから

※あまり機会はないが

強K>屈中K>屈中P>EXバルセロナアタック>イズナ

※強Kは「バク転」のようなモーションのやつです

●対空

(1)強テラー

→強テラーは早めに出すこと。入力が遅いと技が出ず、モロに相手の攻撃を喰らってしまいます。ゲージがあればEXテラーの方が無難ですが、ゲージも勿体ないので、反応できるななら強テラーでもよいと思われる。テラーは1発しか当たらなかったとき(または相打ちした時とか)は、もう一度テラーを出せば追撃できます。さらにもう一度テラーをしてゲージ貯めをしましょう。

(2)立強K

→自分に下貯めがない時に使いましょう。前後に歩いている時です。

(3)屈強P

→立強Kでも届かない位置に相手がジャンプしてきた時に使いましょう。相打ちが多くありますが、うまく使えば相手の前ジャンプを防ぐ(あまりやらせない)ことができます。

(4)空中投げ

→屈コパ、屈コパ・・と繰り返していると相手が嫌がって前ジャンプしてきます。そんな時は「空中投げ」をしましょう。ソバットでもいいのでは?と思いますが、ソバットはある程度の距離(屈中Pの先端が当たるくらい)の時に有効です。密着しているような距離で相手が飛んできた時は「空中投げ」が有効です。「空中投げ」は相手の出鼻をくじくという精神的にもダメージを与える(記憶にも残りやすい)という性質があるため、思っている以上に有効です。

○対空だけでも色々とありますが、

何もない時(相手が何も考えずに)に飛んできたら「ソバット」。

自分が歩いていて下貯めがないときは「立強K」

遠目にジャンプしてきたら「屈強P」

相手との距離が近すぎる時は「空中投げ」を使います。

それ以外にも「セビバクステ」、「後ろジャンプ逃げ強P」があったりします。

●U1を当てる

※突進中は、飛び道具無敵。

(1)波動拳などの飛び道具に合わせる

(2)不意にぶっぱなす

→だいたいのキャラに対してノーリスクのため、運任せで使えます。

(3)ソバット空中当て(または相打ち)>U1

→被起き攻め時に相手が垂直Jしたら、「強テラー」を出すようにしましょう。高めの位置でソバットをヒットさせることができたら、その後はウルコンが入ります。

●U2

(1)波動拳などの飛び道具に合わせる

→これが一番多い

(2)相手の前Jに合わせて

→早めに出す。早めに出しすぎたときは通り越すだけなので、ノーリスク。遅れて出してガードされるとかなり痛手。

(3)被起き攻め時の逃げ

→これもよくある。めくり攻撃がよく分からない(ケンなど)ときは使ってしまうのもありです。早目に出せば遠くまで逃げることができますし、運がよければ裏に出たりして相手にヒットすることもあります。自分のライフが0に近く、相手のライフにはまだ余裕があり、「ウルコンをヒットさせないと負けちゃう!」というような状況の時は出してしまいましょう。

(4)ソバット空中当て(または相打ち)>U2

→U1の時と同じです。被起き攻め時に相手が垂直Jしたら、「強テラー」を出すようにしましょう。高めの位置でソバットをヒットさせることができたら、その後はウルコンが入ります。

●基本コンボ

※頻出順?

屈弱P>屈弱P>屈中P>EXバルセロナ>イズナ

屈中K>EXバルセロナ>イズナ

→相手の昇竜拳がスカッたた時はだいたいこれ。

屈中K>屈中P>EXバルセロナ>イズナ

→相手との距離が近く、こちらも落ち着いて入力できる時はこれ。

ソバット>強テラー

※ちなみに「ソバット>EXバルセロナ」というコンボもできるが、ゲージも勿体ないので使わない。

前J強P>立強P(2ヒット)>屈中P>EXバルセロナ>イズナ

※相手がピヨっている時はこれ。バルログの戦い方からして相手がピヨる時はあまりない。かといってこちらから前ジャンプを仕掛けることも少ない。相手がサガットの時など、前ジャンプ攻撃を喰らわせたい時はこれを使おう。

前J強K>屈中K&>強テラー

→ノーゲージ。相手の残りライフが少ない時にカッコ良く終わらせたい時に使おう。こちらのEXゲージが1本もない時にも使える。

前J強P>ソバット>強テラー

→めちゃめちゃ難しいので、そもそもやらなくてよい。(笑)

屈弱P>弱ローリング>レッドセービング>U2

→相手との距離が近い時は「ローリング」を使うのもよい。削りダメージが取れる&相手を画面端に追いやることができるからだ。そこでヒットした場合は「レッドセービング>ウルコン」と繋げてしまおう。

前J強K>立強P(1段だけ)>強ローリング>最後のアタック時にレッドセービング>U2

→実は「レッドセービング>U2」の方がダメージは取れる。どのローリングからもレッドセービングに繋げることができます。

EXローリング>最後のアタック時にレッドセービング>U2

→「EXローリング」はタマ抜け機能があるため、「こちらが不意にEXローリングを出したところ、たまたま相手が波動拳を出していた・・」という状況下において、「レッドセービング>ウルコン」と繋げることができます。

●ネタ

(1)3中K(中段技)

→起き攻め時や、相手が画面端でしゃがみガードしている時に出して見ましょう。

(2)ソバット空振り>移動投げ

→けっこうおもしろい。移動距離がすごい。相手が反応できるかどうかです。

(3)ローリングがガードされても、適当なタイミングでセビ前ステ>グラップ

→投げ1回で殺せそうな時は試して見てもよいかも?

(4)起き攻めのとき、ソバットで裏周り>屈中K>屈中P>EXバルセロナ>イズナ

→攻撃の表裏が分からず、さらに下段攻撃だと知らないとガードするのは難しいです。大抵の人はソバットした時点で「裏にくる!」と判断できるため、ヒット率はそこまで高くないと思います。

(5)スーパーコンボのぶっぱ

→バルログのゲージが4本たまったら使って見てもよいと思います。例えば、完全に不利な状況であるときや、EXゲージが満タンの時に2ラウンド目を迎えた時などです。ヒットさせる(吸い込む)コツは、初動時はできるだけ相手に近づかないで、最後飛びかかる時に急(真横)に相手方向にいくことです。もちろん、上手い人は迎撃してきます。戦ってる最中に相手がどれだけバルログ戦に慣れているか分かるはずですので、それによってやるかやらないか決めてもよいですね。遊び要素もあります。(笑)

(6)逃げJ強P>スライディング

※距離的に先端当てになる。2回のヒットチャンスがある

(7)ローリング(ガードされて)>U2ぶっぱ

※ローリング後、相手が手を出す(屈中Kなど)人なのか観察しておきましょう。

(8)スライディングで先端当て>U2ぶっぱ

(9)前ジャンプ強K(ガードさせて)>KKKバクステ

→起き攻め時の話です。こちらのライフが0に近く、相手の昇竜拳の削りダメージで死んでしまうような時は、あえて「前ジャンプ強K」で接近して、その後すぐに「KKKバクステ」を使います。相手はこちらのコンボミスの際に「昇竜拳」で殺せるように、コマンドをコスっている(レバガチャ)ことがあります。そのため、うまく行けば「KKKバクステ」の時に相手の昇竜拳がスカり、相手が着地するタイミングでこちらのウルコンを入れることができます。もちろん、この戦法はこちらにウルコンゲージがないときでも使えます。相手のレバガチャがうざいなーと思った時はやってみても良いと思います。

(10)不意にEXバルセロナ

→相手が立っていたり、前歩きしている時にぶっぱなします。ガードされてもノーリスクですので、1ラウンドに1回くらいの割合でやって見てもいいと思います。こちらの出戻り(着地)に対して「EXマシンガン」などの突進技を合わせてくる相手もいますが、そんな時はバルセロナアタック(爪での攻撃)の時にあえて攻撃に行ってしまいましょう。横からの攻撃には喰らってしまうため、あえて縦から攻撃しに行くという意味です。

(11)起き攻めで、EXスカイハイクロー裏当て

※スカイハイクロー:下上P

→これも「分からん殺し」ですが、相手の起き上がり時に、相手方向に向かって「EXスカイクロー」を出します。うまく行けばヒットします。ガードされてしまったとしても相手を削り殺すこともできます。また、起き攻めの時でなく、コンボの途中に出すのも面白いです。「例)前J強P(ガードされる)>屈中P(ガードされる)>EXスカイハイクロー(裏当て)」など。もしガードできるような相手でしたら多用は禁物です。(笑)

(12)画面端でのイズナドロップ

→起き攻め時の話です。画面端では身動きが取れないため、こちらのイズナドロップが通りやすいです。それでも落されてしまう時もありますが、地上戦で不利な戦いをしている時など、「神頼み」したい時は積極的に出してみましょう。イズナドロップは「セービングされると前後の立ち位置がズレるため、スカりやすり」という性質を持ちますが、画面端でなら以外とヒットしやすいです。

 

 

以上です。

バルログのコンボはそこまで難しくなく、遊び要素もあるため、楽しいですよ(^^)♪

個人的には「飛び道具を持つキャラ」(ケン、サガットなど)に有利かなと思っています。

※ただし、リュウは波動拳が早いため微妙

 

yamatunes

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。