【FX】負けているときにどうするか(2)


 
FXをやっていれば誰にでも負けるときはある。

 

そう”読み”が外れたときだ。

 

”読み”はとても難しい。

 

結論からいえば、トレンドをいち早く察知した者が勝者となる。

 

勝者は目先のトレンドを気にしていない。

 

いつかくると予想したトレンドをを持っている。

 

そのトレンドがくるのをじっと待っている。

 

だから、乱高下しているときには買わない。

 

”何か”が収まったときにガツンとデカいのをぶつけてくる。

 

それがヒットするととんでもない利益が生まれるのだ。

 

さて、そうは言っても誰にでも外れるときはある。

 

肝心なのは外れたときにどうするかだ。

 

「損切りせよ」と一言で言われても、ただ闇雲に損切りすればいいというものでもないし、その後値戻りしたときは正気でいられない。

 

よくあるのは、トレンドに乗っかったはいいけれど、乗り遅れるパターン。

 

自分がエントリーしてすぐに反転してしまうことだ。

 

危機感を感じて、損切りするもやはりトレンドが働きまた値戻りする・・・。

 

いわゆる「往復ビンタ」というやつだ。

 

こんなことがありながらも個人トレーダーは日々頑張っているのだと思う。

 

経験上、FX経験歴の長い人ほど、「勝ち方」「負け方」を知っている。

 

だから、初心者の人よりも「得」をしていることは多い。

 

利益幅はもしかしたら初心者の方に負けることはあるかもしれないが、色々と経験して多くの引き出しを持っている分、「得」をしていることは多い。

 

今回も「得」をする方法をお教えします。

 

※あくまでも、予想が当たる、当たらないの話ではなく、「こんな風にすると良かったよ」という私なりの体験談です。

 

ここでは、ひとつだけです。

 

「負けているときに応援はしない」ということです。

 

具体的に言えば、負けているときこそ、追加で注文を入れないということです。

 

「買い」で入って、現在5000円のマイナスがあるとします。

 

これは明日になれば、マイナス1万円になるかも分かりませんし、0円になることだって、プラスになることだってあるかもしれません。

 

特に大きなニュースがない限り、結果は誰にもわかりません。

 

もし、明日絶対に上がると分かっていれば、5000円損切りしてすぐに「買い」を入れるべきです。

 

そんなこと誰にもわかりませんよね。

 

普通、「損切りするのはもったいないからもう少し様子を見てみよう」と思うのが普通かと思います。

 

もちろん、ただ単に偶然を待っているわけではありません。

 

「上がると思うけど何だが下がっているなぁ」と思うときにこの手法を使いましょう。

 

■応援しない応援の仕方

話は戻りますが、120円で「買い」にしたところ、マイナス5000円になってしまったとします。

 

現在、さらに下がっているとします。

 

下がり切ったところで「買い」を入れてください。

 

そして、それよりも大事なのは、値が戻っている(損失が小さくなっている)段階で、「買い」は入れないでください。背中を押すようにして「応援」しないでください。

 

それが「お得」なやり方です。

 

もちろん、そのまま値が上がれば途中で「応援買い」をした分までプラスになるでしょう。

 

ただ、恐いのはその逆です。

 

「よし、いいぞ」と思って「応援買い」をしたのはいいものの、また値が下がってしまうことも考えられます。

 

そうなると、火の車です。損失は膨らむばかりです。

 

結果からすると何をやってもどれがいいということは無いのですが、自分の保守のためにも「応援買い」をしないことをおすすめします。

 

じゃあどうするか。

 

下がりきったと思ったときに「ちゃっかり」買いましょう。

 

完全に下がりきったところを読むことは不可能ですので、自分なりに「下がりすぎでしょう。下げの幅も縮小してるし、今上下動かずの状態だぞ。」と思ったところでいいと思います。

 

ただし、「買い」を入れるのは極小の量にします。

 

私は「1000通貨」買います。

 

目的は色々とあります。

 

・自分が一番底だと思ったところにポジションを入れることで、損益評価からさらに下がったのか、または上がったのかが客観的に分かる。

⇒チャートだけを見ても、いまがどんな状態なのか、どんな理由でどんな動きをしているのかを知ることは少し難しいです。実際に極小でもいいですからポジションを入れて損益を定期的に確認してください。このように実感することで、チャートを見ているだけの場合よりも何十倍も相場認識度は違ってきます。

 

損しても数十円、勝っても数十円ですから相場眼を鍛えるためにも、そして最終的には「勝つ」ためにもこの方法はオススメできます。

 

さらに下がることだってあります。

 

長い目で見て、たまーに下がり過ぎてしまったところで「買い」を入れてみましょう。

 

間違っても、「いまだ」と躍起になって大きく買ったりしないように。

 

・平均単価を下げる

何度がお話ししましたが、平均単価を下げる意味でも大きな効果があります。100円と120円を買ったら平均して110円で買ったことになりますよね。つまり、最初にエントリーした水準(レート)に必ずしも届かなくても、勝てることがあるということです。

 

さて、さらに実践編です。

 

下がりきったと思ったところで、100通貨「買い」しました。

予想通り上がりました。

1回目に買ったマイナス10000円も9000円まで縮小し、1000通貨で買った分も90円の利益を出しています。しかし、なんだかまた下がりそう・・・。そんなときはどうするか。

 

躊躇なく2回目に買った1000通貨を「売り」に出し、小銭をゲットしましょう。

 

そして、また下がりきるまで待ちましょう。

 

マイナスが膨らんでいく一方な気もしますが、それは分かっているなは「損切り」など色々な手法をとってください。

 

「諦めるにはまだ早いかな。上がりそうだし、必要証拠金も余裕あるし。」という方には是非試してみてほしいと思います。

 

★絶対とは言えませんが、一日1000くらいでしたら勝つ方法、教えます。

こちらからどうぞ。