ふるさと納税(寄附金控除)は「還付申告」をするべし!!

【対象者】

ふるさと納税した人

(寄付金控除の対象者)

 

※お勤め先の年末調整では、

「寄付金控除」は対象外のはずです。

 

ご自身で申告を行う必要があります。

 

医療費控除、寄付金控除などはご自身で還付請求をしましょう。

 

【必要なもの】

自治体で発行された領収書

 

【行うこと】

税務署に還付申告をし、還付金を受け取る。

 

【時期】

本来の提出開始日から5年以内。

(2014年に寄付をしたら、2015年1月1日~2019年1月1日までです。)

※確定申告の時期とは関係ありません。

 

【流れ】

インターネットか、税務署でもらった「確定申告書A 第一表」の、

左下「寄付金控除」欄に所定の金額を記入する。

 

“所得が高い”と自分で思わない人は、

寄付した額から「2000円」を

引いた額を記入したください。

 

例) 寄付額:1万円-2000円=8000円

 

それら申請書に領収書を添付します。

翌年の1/1~5年以内に提出する。

 

振込先を指定するよう役所から、書面が届きます。

「○○銀行xx番」と書いて、返送します。

 

2~3月くらいに振込みがあるはずです。

 

(終わり)