【医療費控除】温泉は治療費に入るって知ってた?

温泉

 

今回は、温泉にお得に入れちゃう方法教えます。

 

政府が決めた、ある温泉地であれば、「温泉」は「医療費」として計上してくれます。

 

温泉地へ行くのにかかった費用も全て「医療費」になります。

 

 
※「医療費控除」は文末で解説します!

 

つまり、「温泉」=「病院」と考えていただければと思います。

 

バカタレ~。って思いますよね?

 

本当なんです。(笑)

 

●政府が指定した「医療」になる温泉地一覧(20箇所)

・バーデハウスふくち(青森県)

・健康増進施設 はなまき(岩手県)
・秋田県健康増進交流センターユフォーレ(秋田県)
・クアハウス碁点(山形県)
・ラ・フォーレ天童のぞみ(山形県)
・いわき市健康・福祉プラザ(福島県)
・リステル猪苗代シーズ(福島県)
・サンバレー・アクアヴィ-ナス(栃木県)
・マホロバマインズ三浦(神奈川)
・クアハウス津南(新潟県)
・桜湯健康増進施設ゆあーず(新潟県)
・富山県国際健康プラザ(富山県)
・クアハウス九谷(石川県)
・洞源湖クアハウス佐久(長野県)
・クアハウスかけゆ(長野県)
・ピーアップ新宮(和歌山)
・くらはし温水プール ウイングくらはし(広島県)
・クアハウス今治(愛媛県)
・江の島アイランドスパ(神奈川)
・クアハウス石和 (山梨県 )

 

都心部はないみたいですね。(笑)

 

これらは「温泉利用型健康増進施設」と呼ばれています。

 

常識内の「交通費」「入浴代」は医療費控除の一部になるそうです。

宿泊費は出ないです。(笑)

 

どうせ温泉旅行に行くなら、節税効果も期待できる「温泉利用型健康増進施設」へ行ってみてはいかがでしょうか?

 

※このマークが目印みたいなのですが・・。

温泉

↑非常に分かりづらい!! (笑) 

 

【医療費控除】

年間(1/1~12/31)に医療費が10万を超えた場合は、年が明けてからその旨申告をすれば、お金が役所から戻ってくる仕組みです。大事故起こして半年間働けなかったとします。その人から、みんなと同じように税金をとってしまうのは可哀想ですよね?