【メモ】金投資について

金の特徴

 

・価格が急落するリスクが少ない

・価値が万国共通なので安心

・固定資産税がかからない

・利子や配当金がない

・世界経済の低迷時、混乱時に価格が高騰する

 

金取引の特徴

 

・現物の保管には費用、手間がかかる

・バーチャルでも買える

・現物取引(実際に金の現物を売買する)は手数料が高い

 

★「金取引」には大きく2つの種類があります。

 

<1>「金」の現物を売買する

<2>「金」をバーチャルで取引する

 

<1>「金」の現物を売買する

 

(1)純金積立

月々買い込んでいきます。有名なのは「ドルコスト平均法」という買い方。田中貴金属工業も、「純金積み立てコース」はこの買い方を採用しています。安い時には多く買い、高い時には少なめに買います。よって、月々の買い付け金額は一定になります。また、毎月定額ではなく、毎月定量制で買うこともできます。

 

(2)金地金(きんじがね)

 

金ののべ棒(ゴールドバー)を直に購入する投資方法。様々なバーサイズが用意されており、500g以下の重量で購入する場合には、「バーチャージ」と呼ばれる手数料がかかる場合があります。金そのものを買うため、ある程度まとまった資金が必要です。だいたい、1g4000円~4500円で購入することができます。

 

(3)金貨

コインは地金(延べ棒)と異なり、価格に”プレミア”が付きます。プレミアとは、”需要”のことです。

ポイントは、

(1)金の含有率

(2)発行国の信用

(3)デザイン

(4)発行枚数

です。

 

価格は「金の含有量+プレミア」となります。良くも悪くも、欲しい人(コレクター)の需要によって価格が上下します。例えば、コインを落としてデザインに傷がついてしまえば、価格は大きく値下がりします。

 

1オンス(31.1g):14万3478円

※1g=4583円

 

コインは多くの国で作られており、ひとつの国の中でも、いくつも種類があります。

例)

・ウィーンハーモニー金貨(オーストリア)

・メイプルリーフ金貨(カナダ)

・クルーガーランド金貨(南アフリカ)

・ブリタニア金貨(イギリス)

・カンガルー金貨(オーストラリア)

 

<2>「金」をバーチャルで取引する

(1)金ETF

有名なものに『SPDRゴールド・シェア』があります。価格は、市場が開いている間は常に変動しています。一般の株式と同じように売買することができますが、配当金はありません。売買での差益(キャピタルゲイン)のみの収益となります。もちろん、価格が下がってしまえば損をすることになります。

 

(2)金DEF

”信用取引”により最大20倍までレバレッジをかけて、売買することができます。もちろん、現物は扱いません。少ない資金で始められることがメリットです。

 

バーチャル取引のコツ

・手数料が安い業者を選ぶこと(DMM CFD

・資金管理を徹底すること

 

その他参考

 

・東京工業品取引所(TOCOM)

http://www.tocom.or.jp/

 

・金、銀、プラチナ、バラジウム

http://www.omamoriya.com/

 

個人的な感想

 

・固定資産税かからない、ってところがミソ?

・金の需要は基本的に伸びる傾向にあり。新たに金が発掘されない限り、じわじわと価値を上げていく?

・高い。1gでも4500円ほどする。

・いつでも現物と交換できる投資信託やETFで積み立てで買ってみるのは、おもしろいかもしれない。

・利息、利回り、配当がない以上、絶対に金投資を始めた方がいいとは言えない。

・買うなら世界経済が低迷、混乱しているときに買うのがよい。

・株式の評価額減の保険として買うのは常套手段。どちらも買い込むのがよいだろう。

 

 

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。