◎補正予算とは

当初の予算後に生じた、予測し難い事態に対応するための予算。

 

原則、このような超過支出は禁止されているが、

実際は自然災害など予見し難い事態への対応として、予備費の追加(編成)が認められている。

 

それでも対応できないときは「追加予算」を編成することもできる。

このような「予算の追加」と、「追加以外の予算」をまとめて”補正予算”と呼んでいる。

 

年度中に、補正予算を編成することが常態化してしまっている。

むしろ補正予算編成をして、柔軟な対応するのが当然の見方になっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。