14.企業の資金需要と銀行の貸出金利

●企業の資金需要はまだ低い。

設備投資をする場合でも、手元の資金で賄えるから。

※「設備投資計画のある企業」の割合は増えている

 

●銀行の貸出金利

長期プライムレート(最優遇金利)が指標となる。

長期プライムレートは上昇傾向にある。

銀行の貸出残高は年々、下がってきている。

 

企業が超低金利の環境を活かして、積極投資に出るかどうかが注目点となる。

 

●長期プライムレートとは

通称:「長プラ」

金融機関が一流企業に対して、

長期(1年以上)で貸し出すときのプライムレート(最優遇貸出金利)のことをいう。

銀行はこのレートをもとに、企業に金利を上乗せして貸している。

 

しかし、多くの銀行は本レートを採用するケースはほとんどなく、

短期プライムレート(一年未満)を基準に、

一定の利率を上乗せした「新長期プライムレート」などを採用している。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。