37.介護保険制度はうまくいっていますか

2011年度の介護保険給付費は10年連続で増加しました。

 

●介護保険制度とは

65歳以上で介護が必要とされた人に家事の援助や身体介護などのサービスを提供する公的保険で2000年度から始まった。

利用者の自己負担は原則1割。

 

最も多いのは沖縄県(約31万円)。

最も少ないのは埼玉県(約19万円)。

 

給付費が多い都道府県は特別養護老人ホームなどの施設の入居者が多いのに対し、

給付費が少ない都市部は施設そのものが少ないという傾向がある。

 

介護保険料は40歳以上に支払い義務がある。

 

利用者の自己負担額を2割に引き上げたり、

配食などの日常生活の支援を介護給付から外す動きがある。

 

介護サービス事業者に支払う「介護報酬」は、消費税増税に伴い

引き上げることになった。