41.金融業界の動向を教えてください

2008年秋、米国大手証券「リーマン・ブラザーズ」の破綻をきっかけに広がった、

世界の金融業界への激震は、5年経った今も続いています。

 

●新しい金融モデルが出来始める

投資銀行業務から、商業銀行業務への回帰を進めています。

 

ボルカー・ルール

2010年夏に成立「銀行の市場取引規制ルール」のこと。

 

リスクを取って、金融商品を購入・売却また取得・処分をする事を禁止する。

オバマ大統領の呼びかけにより、

ポール・ボルカー元米連邦準備理事会(FRB)議長が提唱した。

2015年7月に完全実施予定。

 


リーマン・ブラザーズ破綻時に、公的資金を通じた救済が続出したことから、

「預金者のお金を高リスク取引に二度と回させない」との理念に基づいて導入された。 

具体的には、米国の銀行によるデリバティブや商品先物の取引を規制し、未公開株ファンドやヘッジファンドなどへの出資も制限する。一方、顧客のリスク回避などを目的としたヘッジ取引や、値付け(マーケットメーク)取引、米国の国債や政府機関債、地方債のほか、外国銀行の在米拠点における外国国債の債券取引などは規制対象外となっている。

 

⇒2012年春、これら規制や、ルールに先陣して反対していた米国人がデリバティブ取引で多額の損失を出したこともあり、この流れは加速しそうである。

 

銀行という大勢の人の預金を預かるからこそ、投機的な運用はしていけないということですね。

公的なお金が使われていたとは知りませんでした。

破綻して関連企業や投資家が被害を受けただけかと思っていました。