51.日本企業の海外進出

人口増加が期待しにくい日本では今後企業が大きくなる可能性も低いといえます。

2012→2013年度で、
日本の製造業の海外投資は2割増えることが分かりました。

円安が進んだ昨今
日産自動車:米国へ全面的に生産移管だった車種の移管時期を変更
川崎重工業:二輪車組み立て工程の一部をタイから日本に移管

2013年度の企業の国内投資も前年比で9.9%増となる。

「世界の工場」と呼ばれた中国の人件費も高騰。

今後は内需をターゲットにした生産拠点としての位置づけが強まる見通しです。

グローバル企業は、為替の影響を受けない「為替フリー」の生産体制の構築が必要です。

為替の影響を受けにくい外食産業などのサービス業では、
需要が伸び悩む日本から海外に拡大する動きがこれまで以上に進むと
思われます。