52.自動車産業の動向について

円安・ドル高の影響で業績は回復。
エコカー補助金などの効果で国内販売も増えた。

それでも「地産地消」の方針は変わらない。

トヨタ・・・2015年から米国でレクサスの生産をする
ホンダ・・・中国でアキュラを生産
日産・・・ダットサンをインドで生産

⇒為替の動向で業績が大きく変わることがないため。

むろん、国内生産をないがしろにする訳ではない。
マツダ・・・「1ドル77円でも利益を出せる経営」を目指している。
ホンダ・・・埼玉県で国内23年振りとなる自動車工場を稼動させた。

⇒国内外の生産のバランスが大事。

「エコカー」について
開発費を減らすため、他社と提携している。
不得意な技術を他社から提供してもらい、
費用の削減と、開発スピードを進めています。

ホンダ⇔米ゼネラルモーターズ
トヨタ⇔ドイツBMW