65.国際的に会計基準を統一する

外国人が日本株に投資したり、
日本人が欧米やアジアの株式に投資したりすることが
多くなりました。

証券投資の国際化に対応するために、
会計基準を統一する必要がでてきた。

ロンドンに本部を置く、
国際会計基準審議会(IASB)が作る国際会計基準(IFRS)が有力。

米国は2012年の最終報告で、
IFRSへの適応を先送りした。
欧州主導のルールへの警戒感があるためです。
また、会計基準を変更した場合、企業にはシステム投資などで多額の費用が
発生します。

日本も米国と同様に、会計基準の適応を先送りさせました。
IFRSに近い会計基準を作り、
海外から日本への投資を呼び込もうとしています。