所持金はいくら残せばよいか

・所持金はいくらあればよいか、
そして、
・すぐに降ろして使えるお金はいくらあればよいか。

手持ちは最小限にして、その他は運用に回したいものですよね!

ファイナンシャル・プランナーでいうと「リスク管理」のい分野でしょうか。(笑)

難しいですね。

その人の生活感、生活リズム、価値観次第になりますよね。
※この記事を書く意味・・(笑。。

なので参考までに、一時出費があるとしたらどのようなものがあるか考えてみました!

数百万をタンス預金にしていたらもったいないですよ!!

お金を持っている人には価値があり、その対価をもらう権利があります!
そうです、お金持ちは偉いんです!笑

(私はそのような人とはほど遠いのでご安心ください)

※銀行の利息だけで生活できるなんて夢のようだ・・・。

さて本題です!

・結婚式
いわゆる”ご祝儀貧乏”です。友人であれば1回3万円で、多くても年3回くらいでしょうか。
極端にいうと手持ちがいくらもないと祝儀のお陰で生活できなくなります!

・事故、怪我
怖いけど、ほぼないといっても過言ではありません。
この分のお金は用意しようと思っても考えたらキリがないですね。
というかそのために保険に入っているようなものです。

※私は損保系の保険には、入っていません。生命保険も入っていません。
もちろん考えたこともありますし、勧誘されたこともありますが、
今の生活サイクルで病気・ケガをすることはないと思ったからです。
←こういう人に限って万が一のことがあったり。。 アハハ..汗

食生活は気をつけているし、
身長・体重は普通(むしろ痩せ?)だし、
節約のために、駅から会社まで20分以上歩いてますから。。

← 一番の理由は私は独身だし、お金払いたくないからなんですけどね!(笑)

▲ひき逃げされたら怖いのと、シーズンスポーツをするときは気をつけないといけないですね!
スキー&スケボーが一番危ないのではないでしょうか。

それくらいでしょうか。
独身の私にはそのくらいしか思い浮かびません。

なので私の生活では所持金&すぐに降ろせる口座は10万円あれば大丈夫ということになりました!

例えばですが、
手取り月25万の収入があれば、

△家賃、光熱費、通信費、交通費などの固定費を引いて
⇒10万として

△予定されたイベント費用(旅行、レジャー、遠出)引いて
⇒バーベキュー&温泉行って、1.5万だとして

△買う予定があるモノの(ゴルフセット、スケボセット)費用を引いて
⇒ないものとします

△友達と食事
⇒3回×6千円=1.8万円として

△食事などの生活費
⇒1000円×30日=3万とすると、

計算すると10万円余ります。

貯金が5万円あれば、基準のすぐに使えるお金10万円になるので、

余った5万円は投資信託かうか、利付国債買うか、3ヶ月定期の外貨預金とか

に使えるわけです。

たまに口座見て安心するという人がいますがもったいないですよ!
どんどん運用して増やしましょう!

そうすると私の口座にはいくらも入っていないので、心はいつもさびしいです。。。(笑)

長々と失礼致しました!

ありがとうございました!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。