【株式】小型株ってなぁ~に?

 

小型株とは、株の中でもとっても値段が安く、一番モロ〜い株」のことです。

 

 

株は、発行済みの株式数によって、【大型】【中型】【小型】に分けられます。

 

 

東証が時価総額と流動性が高い順に、3つに分類しています。

・上位100銘柄→大型株

・続く上位400銘柄→中型株

・それ以下→小型株株

 

 

【大型】

扱う人:規模の大きな金融機関・投資家

配当金:数パーセント

1株あたりの金額が大きいため、ある意味ハイリスク・ハイリターン。

 

 

【中型】

流動性に乏しいが、単純なことで値が動くことがある。

 

 

【小型】
売買単価が安い。

同じく単純なことで値が動く。

 

 

簡単に言ってしまえば、小型株というのは、「安くて、爆上がりが期待できるが、紙切れになる可能性が一番高い株」ということです。

 

 

(ちなみにロバート・キヨサキさんは小型株が好きなようです。)

 

 

株は、800万ないと買えないものもあれば、数百円でも買えるものもあります。

 

 

例えば・・ですが北海道の「グリーンランド」。

 

 

北海道で遊園地等のテーマパークを運営しています。

 

 

この株が1万円で取得できたらいかがでしょうか。

 

 

会社を調べて、四季報を見て、業界地図を見て・・と自分なりに分析してみてください。

 

 

小型株は宝くじのようなもので、爆上がりを期待するだけでもとっても楽しいですよ♪

 

 

以上です。

 

 

yamatunes.net