【株式】株主優待はどこまで注目するべきなのか?

 

株主優待って色々ありますよね。

 

 

皆さんはどのようにして、株を選んでいます?

 

 

株主優待の有無、内容は気にされていますか?

 

 

今回は・・

 

株主優待って色々あるけど・・やっぱり選択材料になるの?

株主優待がない方が優秀って聞いたことあるけど、実際どうなの?

 

 

という疑問にお答えしたいと思います!

 

 

答えは・・

 

 

株主優待の有無、内容は気にするべき!!

 

 

というのが、私の回答です。

 

 

株を買う人は多くの場合、「キャピタルゲイン」が目的だと思います。

 

キャピタルゲイン:
売り買いの値幅で利益をゲットすること

 

 

その考えから言うと、普段お買い物している「スーパーの金券」は、実質現金と同じと考えることができます。

 

 

つまり、10万円で株を買って、3000円分の金券をもらえるのであれば、それば10万3000円と同等と考えてよいということです。

 

「ゼンショー」「すかいらーく」あたりは、要チェック♪

 

 

株主優待は、内容が変更されることはないです。

 

 

宣言した通りにもらえるはずです。

 

 

一方、株の値段(株価)は日々上下します。

 

 

権利確定日にいくらになっていると言う保証はありません。

 

 

権利確定日:
その日に株を持っていれば、株主として認められ、株主優待を受け取ることができる。

 

 

株価チャートを見て、株主優待の利益を下回るようなことが無さそうであれば、買ってみても良いと思いませんか?

 

 

権利確定日に「売る」前提で考えたとき、仮に評価額が1000円マイナスになってしまっていても、3000円の金券がもらえるのなら、結果「儲けた」と言えます。

 

 

仮に株価が落ちてしまった時は、保有していれば良いと思います。私は、インカムゲイン、キャピタルゲイン、株主優待と全てを含めてプラス収支にできればよいという考えです♪

 

 

話は逸れますが、そもそも食品系、外食産業などは、原価率は相当低いです。「お食事券」を3000円分あげたところで、せいぜい500円くらいの仕入れ値でしょう。その意味で、最もお得に感じられるのは外食産業ですよ♪

 

 

ひいきにしているチェーン店があれば、買ってみても良いかもしれませんね♪

 

 

(目指せ、桐谷さん!!)

 

 

以上です。

 

 

yamatunes.net