【Linux】digコマンドまとめ

スポンサーリンク  

 

①IPアドレスから、URLを特定する方法

②URLから、IPアドレスを特定する方法

 

========================

 

<結論>
$ dig yamatunes.net @8.8.8.8
$ dig -x 157.7.107.141 @8.8.8.8

※一定のDNSサーバに問い合わせるべき。どのDNSサーバに問い合わせたか記録する意味もある。
※IPアドレスからドメインの逆引きを行うときは「-x」を付ける。

 

========================

 

■ノーマル
$ dig yamatunes.net
$ dig 157.7.107.141

 

========================

 

■x付き(IPアドレスからドメインの逆引きを行う場合)
$ dig -x 157.7.107.141

 

========================

 

■+noall +answer(ANSWERのみ出力する)
$ dig yamatunes.net +noall +answer

 

========================

 

■@8.8.8.8(GoogleのパブリックDNSに問い合わせる)
$ dig yamatunes.net @8.8.8.8

※@1.1.1.1なら、「CloudflareのパブリックDNS」となる。

 

========================

 

<補足1>

■MX付き(MXレコードを取得する)
$ dig MX yamatunes.net +noall +answer

 

■NS付き(NSレコードを取得する)
$ dig NS yamatunes.net +noall +answer

 

■ANY付き(すべての情報を取得する)
$ dig ANY yamatunes.net

 

========================

 

<補足2>
■trace付き(ルートDNSから名前解決の流れを確認する)
$ dig yamatunes.net +trace

 

■norec付き(再帰的に問合せず、たらい回す先のサーバだけを取得する)
$ dig +norec yamatunes.net

 

========================

 

<注意点>
・ドメインは、x付けない。

・IPアドレスは、x付ける。

・Linux「dig」は、Windowsなら「nslookup」となる。

 

========================

 

以上

 

スポンサーリンク  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。