【Mac】screenコマンド(ターミナル)

 

「Macターミナル」と題していますが、Linuxコマンドのことを指しています。

 

以下、C892ルータに設定を入れる前提で書いています。

 

なお、Macのターミナルでscreenモードを終了したいときは、ユーザモードの状態(>C892)で、「ctrl + a>d」をして、Macの画面に戻ったら、「exit」です。

 

セッションの有無を確認する

screen -ls

「No Sockets found in」でセッションが無いことを確認。

※セッションがあると、以下のような画面になります。
bash-3.2$ screen -ls
There are screens on:
700.ttys001.itouyashinjin-no-MacBook-Air(Detached)
903.ttys000.itouyashinjin-no-MacBook-Air(Attached)
後述しますが、必要のないセッションは削除しておきましょう。

 

screenコマンドの対象を確認する

ls -l /dev/tty.*

「/dev/tty.usbserial-1410」が表示されることを確認します。C892ルータはシリアルポートで繋がっているので、「serial」と表示されています。

 

セッションに入る(アタッチ)

screen /dev/tty.usbserial-1410

・「/dev/tty.usbserial-1410」←ここの文字列は「ls -l /dev/tty.*」コマンドで確認してください。
・セッションに入ることを「アタッチ」と言います。

 

セッションを離れる(デタッチ)

ctrl + a >d

・ctrlを押しながら、「a」を打ちます。その後ctrlを手放し、「d」を打ちます。コマンドキーではないので注意です。
・セッションから一時的に離脱することを、「デタッチ」と言います。

 

セッションに戻る(再開する)

screen -r ●●

・デタッチしたセッションに戻ることができます。
・●●は、ネット上ではしばしば「PID」と書かれていたりします。200とか、300とか1400とかの数字です。セッションのIDです。
・セッションが1つしかなければ、そのセッションに戻ります。
・"セッションIDって何だよ?"って方は「screen -ls」で確認してください。

 

セッションを削除する

screen kill ●●

・不必要なセッションは削除しましょう。
・●●は、ネット上ではしばしば「PID」と書かれていたりします。200とか、300とか1400とかの数字です。セッションのIDです。
・投入後、「screen -ls」で無くなっていることを確認しましょう。

 

まとめ

セッションの有無を確認する
screen -ls

screenコマンドの対象を確認する
ls -l /dev/tty.*

セッションに入る(アタッチ)
screen /dev/tty.usbserial-1410

セッションを離れる(デタッチ)
ctrl + a >d

セッションに戻る(再開する)
screen -r ●●

セッションを削除する
screen kill ●●

 

 

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。