Progate(プロゲート) 「学習コース Java II 」まとめ。

スポンサーリンク  

 

// 「真」を表す真偽値を出力してください
System.out.println(true);

// 「偽」を表す真偽値を出力してください
System.out.println(false);

// 「==」を用いて、値を比較した結果を出力してください
System.out.println(12/4 == 3);

// 「!=」を用いて、値を比較した結果を出力してください
System.out.println(12/4 != 3);

// boolean型の変数boolを定義し、「3 * 9 == 27」を代入してください
boolean bool = 3*9 ==27;

// 変数boolの値を出力してください
System.out.println(bool);

 

 

// 8と5を比較し、falseとなるようにしてください
System.out.println(8 < 5);

// 3と2を比較し、trueとなるようにしてください
System.out.println(3 >= 2);

 

 

// trueと出力されるようにしてください
System.out.println(true || false);

// falseと出力されるようにしてください
System.out.println(false && true);

// 「8 < 5」かつ「3 >= 2」の結果を出力してください
System.out.println(8<5 && 3>=2);

// 「8 < 5」または「3 >= 2」の結果を出力してください
System.out.println(8<5 || 3>=2);

// 「8 < 5」でない、の結果を出力してください
System.out.println(!(8<5));

 

 

// 条件式に直接trueをいれてください
if (true) {
System.out.println(“条件式がtrueのため、出力されます”);
}

// 条件式に直接falseをいれてください
if (false) {
System.out.println(“条件式がfalseのため、出力されません”);
}

 

 

int x = 5;
// if文を用いて、変数xが2より大きいとき「xは2より大きい」と出力してください
if ( x > 2 ){
System.out.println(“xは2より大きい”);
}
// if文を用いて、変数xが8より大きいとき「xは8より大きい」と出力してください
if ( x > 8 ) {
System.out.println(“xは8より大きい”);
}

 

 

int number = 12;

if (number < 10) {
System.out.println(“10より小さい”);
}
else if (number < 20) {
System.out.println(“10以上、20より小さい”);
}
else {
System.out.println(“20以上”);
}

 

 

int number = 12;

// switch文を用いて、numberを3で割った余りで条件分岐をしてください
switch(number % 3) {
case 0:
System.out.println(“3で割り切れます”);
break;
case 1:
System.out.println(“3で割ると1余ります”);
break;
case 2:
System.out.println(“3で割ると2余ります”);
break;
}

 

 

int number = 13;

// defaultを用いて、どのcaseにも合致しない場合の処理を記述してください

switch (number % 5) {
case 0:
System.out.println(“大吉です”);
break;
case 1:
System.out.println(“中吉です”);
break;
case 4:
System.out.println(“凶です”);
break;
default:
System.out.println(“吉です”);
break;
}

 

 

int number = 10;

// while文を用いて、繰り返し処理を作ってください
while(number > 0) {
System.out.println(number);
number –;
}

 

 

// for文を用いて、繰り返し処理をつくってください

for (int i = 1;i <= 10;i++) {
System.out.println(i + “回目のループです”);
}

 

 

int i = 1;
while ( i < 10 )  {
// iが5の倍数のとき、繰り返し処理を終了してください
if ( i % 5 == 0) {
break;
}
System.out.println(i);
i++;
}

#出力は1,2,3,4となる

System.out.println(“=== for文 ===”);
for (int j = 1; j < 10; j++) {
// jが3の倍数のとき、処理をスキップしてください
if ( j % 3 == 0 ) {
continue;
}
System.out.println(j);
}

#出力は1,2,4,5,7,8となる

 

 

// 変数namesに、配列を代入してください
String names[] = {“にんじゃわんこ”,”ひつじ仙人”,”ベイビーわんこ”};

// インデックス番号が0の要素を出力してください
System.out.println(names[0]);

// インデックス番号が2の要素を出力してください
System.out.println(names[2]);

 

 

// 変数languagesを定義し、配列を代入してください
String languages[] = {“Ruby”, “PHP”, “Python”};

// インデックス番号が「1」の要素を出力してください
System.out.println(languages[1]);

// インデックス番号が「1」の要素を「Java」で上書きしてください
languages[1] = “Java”;

// インデックス番号が「1」の要素を出力してください
System.out.println(languages[1]);

 

 

String[] names = {“にんじゃわんこ”, “ひつじ仙人”, “ベイビーわんこ”};

// for文を用いて、「私の名前は◯◯です」と出力してください
for (int i = 0;i < names.length;i++) {
System.out.println(“私の名前は” + names[i] + “です”);
}

 

 

String[] names = {“にんじゃわんこ”, “ひつじ仙人”, “ベイビーわんこ”};

// 配列用のfor文を用いて、「私の名前は◯◯です」と出力してください
for(String name : names) {
System.out.println(“私の名前は” + name +”です”);
}

#配列用のfor文(拡張for文)

#フォー(String 変数名:配列名)

#実行すると、「にんじゃわんこ」「ひつじ仙人」「ベイビーわんこ」が出力される

 

 

スポンサーリンク  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。