WordPressでバックアップを取得しておく方法

スポンサーリンク  

 

参考:backup(サルワカ)

 

プラグインに「BackWPup」を追加する、有効化する。

 

WordPressのサイドバーにて、「BackWPup」>「新規ジョブを追加」を選択する。

 

「一般」タブを選択する。

 

「このジョブの名前」に「週1全体バックアップ」と入力する。

※名前は何でもよい

 

「このジョブは…」に、「データベース」「ファイル」「プラグイン」の3つにチェックが入っていることを確認する。

 

「アーカイブ形式」は、Windowsなら「Zip」を選択する、Macなら「Tar BZip2」を選択する。

 

「バックアップファイルの保存方法」で、[フォルダーへバックアップ]にチェックを入れる。

 

※これでバックアップは「 wp-content」>「 uploads」に保存されます。

 

「ログの送信先メールアドレス」に、「xxxx@yahoo.co.jp」と入力する。

※自分のメールアドレス

 

「メールの送信元」に、「自分の名前<xxxx@yahoo.co.jp>」と入力する。

 

「エラー」にチェックを入れる

※エラー時だけメールで連絡ください、という意味。

 

「変更を保存」をクリックする。

 

======

 

「スケジュール」タブを選択する

 

ジョブの開始方法で、「WordPressのcron」にチェックを入れる。

 

スケジューラーの種類で、「基本」にチェックを入れる。

 

スケジューラーは、「毎週」にチェックを入れる。

 

「日曜日」「3時」「0分」であることを確認する

 

「変更を保存」をクリックする

 

======

 

「DBバックアップ」タブを選択する

 

バックアップするテーブルで、「すべて」を選択する

 

「バックアップファイルの圧縮」で、GZipにチェックを入れる。

 

「変更を保存」をクリックする。

 

======

 

「ファイル」タブを選択する

 

「テーマのバックアップ」にて、使用していないテーマにチェックを入れる。

※チェックを入れると、そのテーマのバックアップは実行されないことになる。

 

======

 

WordPressのサイドバーにて、「BackWPup」>「ジョブ」を選択する。

 

「次回の実行」にて、バックアップが予約されているか確認する。(次の日曜日の3時0分になっていればOK)

 

======

 

 

以上です♪

 

 

スポンサーリンク  

1 件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。