[記事公開日]2014/11/14
[最終更新日]2016/12/06

ITIL ファンデーション試験(サービス・デザイン1)

サービスをデザインするときの4つのP

人材、プロダクト、パートナー、プロセス

 

サービスデザインの5つの側面(設計対象)

・合意したサービスを設計する(ソリューション)

・効率的に行えるように(支援的仕組み)

・障害弾力性がある(技術アーキテクチャ)

・プロセスを設計する

・測定方法、測定基準を設計する


サービスデザイン・パッケージ
デザインできたら、「トラディション」階層へ渡す。

 

サービス自動化
有用性と保証を改善できる!!

 

サービスを自動化するときの指針

・プロセスの簡略化

・手順を明確にする

・複雑性からユーザを保護

・通常行わないタスクの自動化はしない

 

サービスデザインとは

・カタログ管理(サービスは最新にしておく)

・レベル管理(顧客と合意したレベルで作る)

・キャパシティ管理(費用対効果を考えてる)

・可用性管理(使い時使えるように)

・ITサービス継続性管理(ダウンしてもすぐ復旧できるように)

・情報セキュリティ管理

・サプライヤ管理(物資の供給を妨げないように)

 

サービスデザイン・パッケージ

設計した成果物をまとめたもの

 

サービス・カタログ管理
・情報を最新にしておく
・提供中、提供が承認ずみ

 

ビジネス・サービス・カタログ
・顧客へ見せるサービスの詳細
・理解できる用語で書く

 

技術サービス・カタログ
・ビジネスサービスカタログの支援的サービスの詳細
・顧客に見せないので技術用語で書いていい