[記事公開日]2014/10/20
[最終更新日]2016/08/02

カラオケ店で練習するにあたって

今回は技術的は話は一切しません。何百回と行っている私がコツとか経験談を話します。(^^;)

 

・カラオケは昼にいけ

料金が安いから。昼タイムは17時までだったり、18時までだったりします。間に合うならそれまでには行きましょう。ポイントカード、アプリなども利用しましょう。パソコンでカラオケなんていう裏技もありますが、ここでは割愛します。

 

・採点機能重視ならダムがいい

採点機能を使いたいならダムにしましょう。性能がいいからです。ただ、歌いたい曲が入ってないのでは元も子もありませんから、その辺は事前にチェックしておきましょう!

 

・ガンガンうたいたいならJOYSOUNDか?

JOYSOUNDで最も優秀なのは「後奏カット」が設定できることです。一度設定してしまえば、その後の曲にも対応します。DAMにも「後奏カット」の機能はありますが、一曲ずつオプションで設定しなくてはなりません。この手間は「ヒトカラ」にいくときはかなり重要になってきます。

 

余談ですが、昔「JOYSOUNDしか歌えない」という人に出会ったことがあります。”冗談でしょう?”と思いましたが、話を聞いてみるとどうやら本当のようです。「音がなんちゃらかんちゃら」と言っていました。私もJOYSOUNDにしか入っていないPVがあるので、PVの有無もチェックするべきだと思います。

→「夕空の紙ヒコーキ」

 

・ドリンクバーがいい

店員さんが室内に入ってくるのを防ぐためです。私は歌うのをやめてしまう派なのでできれば接触したくないです。またドリンクバーでないときはケチって喉を痛めてしまうことも考えられるため可能ならドリンクバーにしています。2時間くらいなら1杯でもいけますが・・・。

 

・録音しよう

自分の声は録音するようにしましょう。スマホのボイスレコーダーでもいいですし、ムービーでもいいです。冗談抜きで本当に歌がうまくなりたいと思ったらやるべきです。自分の弱点が分かります。ただし、スマホの充電はアッという間になくなります。午前中、学校に行って午後カラオケにいくとしたら5曲~10曲くらいしか録音できないと思います。およそ5分の曲を録音するのに3~5%くらい電気を消耗します。さらにカラオケを出たあとに聞き直して・・なんてしているとプッツン♪

 

エアコンを引っこ抜いてコンセントで充電させてもらうか、充電を満タンにしてからカラオケにいくか、モバイルバッテリーを持っていくようにしましょう。他にもカラオケでスマホを充電できる裏技があったりするのですが、それはここでは書けないので個人的にラインください。(笑)「@yakushimaruyama」

 

 

Anker PowerCore 10000 (10000mAh パナソニックセル搭載 最小最軽量* 大容量 モバイルバッテリー) iPhone / iPad / Xperia / Android各種他対応 マット仕上げ【PowerIQ & VoltageBoost搭載】*2016年1月末時点 A1263011

あとは自分の歌っている姿や、カラオケ画面を録音したいならスマホのスタンドが必須になります。

デコレ humania おんぶスマホスタンド ホワイト

新品価格
¥842から
(2016/8/2 10:50時点)

 

★大事なことを書き忘れました。

ラインの通知な「OFF」にしておきましょう。または「機内モード」にしておきましょう。ラインの通知によって「動画の録画」(動画の録画!?)が中断されてしまうためです。かなり気を悪くしますので、ラインの通知は切っておきましょう。

・エアコンの真下は「ダメ、ゼッタイ!!」

喉を痛めるからです。

 

・炭酸、甘いものは「ダメ、ゼッタイ!!」

炭酸はゲップが出てしまうから。甘いものは唾液が出すぎてしまうから。曲中ツバがじゃまになったりしますので注意です。

 

・ミュージック音量、マイク音量、エコーなどを調節する

以下のように設定しましょう。

ミュージック音量:少し大きめ

マイク音量:小さめ

エコー:小さめ

 

理由は簡単です。自分の声を確認できるようにして、強化するためです。

単純に、マイク音量が大きければ囁いてでもマイクは拾ってくれます。

ただ、これでは上達しません。地声を強化するコツとしては、叫ぶときは叫ぶことです。そのためマイクの音量は小さく設定します。ミュージック音が大きければ、外に漏れる心配もありません。

※マメ知識ですが、マイク音量は”0”でも採点されます。

 

ミュージック音が小さいとなんだか「つまらないカラオケ」になってしまうので、ここは普通か、少し大きいくらいでよいです。

 

ミュージック音:大

エコー:ガンガン

マイク音量:大(口だけで歌う)

これで上達しません。

 

・画面からは離れよう

座って、アゴを上げて歌うのは禁物。画面から離れた席で立って歌うのが一番よいと思われる。なんならテーブルもどかしておきましょう。(笑) 「演奏中止」ボタンは直接押しに行った方が早いので、そこはめんどくさいが・・・。

 

以上です

 

yamatunes