[記事公開日]2016/12/18
[最終更新日]2016/12/22

「収入-支出=貯蓄」がその人の能力!!

「収入-支出=貯蓄」がその人の能力です。

 

・収入

→多ければ多いほど良い

 

・支出

→少なければ少ないほど良い

 

・貯蓄(残り残高)

→残っていれば残っているほどよい

 

結論1:

いくら収入があっても、支出にお金がかかりすぎている人はダメ。

 

事業でいうなら、経費がかかりすぎて営業利益が少ないのと同じである。

 

とても勿体ないので、支出に無駄がないか考えてみるべきです。

 

結論2:

支出にばかり気にかけて、収入を増やすことを考えていないのもダメ。

 

逆のパターンです。

 

そもそも支出を抑えるには限度があります。

 

・水道代でいくら削れますか?

 

・電気代でどれだけ削れますか?

 

このあたりは基本的に生活の質を落としますよね。

 

例えば、水道代を節約したいのなら、スーパー銭湯にパート勤めに行って、勤務後に入浴させてもらえばよいと思います。

 

同じように、食費を浮かしたいのなら飲食店に勤めに行けばよいでしょう。

 

1時間でも働いた方が、水道代や光熱費を節約するよりはるかにお得ですよね。

 

結論3:

収入と支出のバランスを考えて、貯蓄できる人が優秀。

 

将来性も考えて必要なことろには出資し、必要でないものにはお金を使わない人こそが、収入をどんどん増やし、貯金できる傾向にあります。

 

また、こういった費用対効果を考えられる効率のいい人は、仕事の進め方も上手いです。

 

○食事:
・時間をかけてでも自炊するべきか?何分かけるか?

 

・外食して手短に済ませるべきか?一食いくらまでなら自炊するよりもお得なのか?

 

・人と会って、ビジネスの話をしながら外食をするのか。

※誰と会うのか、それ人は自分に仕事をくれるのか?場所?時間は?飲食代は?

 

○一人で高級料理店に行く。

・誰かに紹介できるお店なのか調べるための必要経費なのか?

 

・ブログを書くための経費なのか?

 

・ただ美味しいものを食べたいから来たのか?

 

○通信料:

・スマホ代は月いくら?SIMカードって知っている?

 

・スマホ、パソコンはただの連絡手段?月の使用料くらいは稼げている?

 

・ポケットWi-Fiは何のためにある?電車で動画見るため?それとも外でも仕事ができるようにするため?

 

○被服費

・高いものを買うメリットはあるか?

 

○ブランドもの

・それによって士気が上がっているのか?

 

・自分の価値を高めている存在?

 

○旅行:

・ただ遊びたいだけ?

 

・会話の引き出し(ネタ)を増やすため?

 

・旅の記録をホームページに載せて広告料を得ることはできないか?

 

○娯楽:
(ゴルフ、映画、カラオケ、居酒屋など)

 

・ストレスが発散できるのか

 

・時間を潰しているだけか

 

・誰かと交友を深め、やがてビジネスに発展させたいのか

 

例えば営業職の人で、不特定多数の人と会う人にとっては、お金を使ってでも、知識、見聞を広めることは大切です。

 

ビジネスの話をする上で、喫茶店に行ったのなら、それは必要経費になるだろうし、必要なところに支出しているといえます。

 

逆に仲間内で意味もなく派手に遊ぶのは、それはただの浪費になります。

 

「お金、時間、機会」

 

これらのことを常に考えて、できるだけ無駄な出費を省き、効率のよいお金の使い方をしたいですね。

 

以上です

 

yamatunes