[記事公開日]2016/06/09

サイドビジネスへの投資にいくら出せるか。

普段の本業とは別にサイドビジネスを始めるとする。

 

それにいくらまで出せるのか。

 

(1)金融商品(株とか、為替など)ならいくらまで投資する?

 

(2)せどりならいくらまで在庫かかえるか?

 

(3)ネットワークビジネスならいくらまで出す?

 

(4)個人(セミナー含む)に支払う授業料ならいくら使まで出せる?

 

※決して投資を煽っているのではありません。(^^)

 

もちろんその人の収入や、投資先の収益期待度によっても大きく変わる。

 

今回は、

「(3)ネットワークビジネスならいくらまで出す?」と、「(4)個人(セミナー含む)に支払う授業料ならいくら使まで出せる?について話す。

 

私なら、「その参加費でどれだけ勉強できるか」で決める。

 

(わかりずらいですね・・・^^;)

 

例えば(3)。

 

ネットワークビジネスとは、いわゆる「○ずみ講」と言われたりするビジネス形態のことだが、「参加費」と引き換えに、多くを学べることがある。仮にそのビジネスで収益にならなくても(ならないといけないが)、その人(紹介者)から学べることは多くあったりする。ヨコのつながりで広く人脈も作れたりする。そして、(4)にも共通していえることだが、個人でそうやって頑張っている人だったり、事業をしている人からは多くを学べたりする。ちょっとしたことから「○○をやるから手伝ってほしい」などと仕事をもらえたりもする。

 

あくまで私の考えだが、

・その人からの学び:5割

・そのビジネスからの収益期待:5割

くらいで考えるといいかも。

 

逆に「参加費」だけ払って全然収益にもならないし、学べることも少ない・・・なんてこともある。

 

じゃあ、どこで判断して投資対象にすればよいか、という話だが、最低でも「定期的に会ってくれる人」だといいと思う。会ってくれるということは、「これからもあなたをサポートしますよ。」と言っているのと同じことであって逃げようとしていないからだ。会ってくれない人はだめ。たぶん「紹介料」だけもらって満足しているだけかもしれないからだ。

 

●「(3)ネットワークビジネスならいくらまで出す?」についての結論

・定期的に会ってくれること

・連絡が密にとれること、連絡をくれること

・そのビジネス以外にもサポートしてそうなこと(ムシがいいが・・^^;)

・もしかしたらその人のお陰で人脈が増えそうであること

・そのビジネスが少なからず収益になりそうであること

・その人が成功者であること。(”会社の規模がデカい”とか”社長は偉い”のでは意味がない。)

etc..

 

これらがあると投資してもいいかもしれない。(^^)

 

もしかしたら20万で人生が変わるかもしれないし、変わらないかもしれない。

 

それはやってみないとわからない。(^^)

 

 

以上です

 

 

yamatunes