[記事公開日]2015/01/27
[最終更新日]2015/01/30

今後は「派遣社員」が最強説?

派遣社員のメリット、デメリットを書かせていただこうかと思います。

私は派遣社員ですから、
その辺りの評価よりはタイムリーで正確な内容だと思います。


 
 
まず一番気になるのがお給料ですが、社員さんよりは安いです。

ただし、月の手取りだけなら新卒さんよりは多くもらっていると思います。

 

仮に

10年目社員:手取り25万+ボーナス60万だとしたら、

新卒:手取り18万+ボーナス20万くらいでしょうか。

派遣社員は、手取り20万+ボーナスなしです。

 

給料は、派遣社員が所属している会社によって決まります。

派遣(紹介)会社が、上位会社から30万もらっても、社員へは

20万~25万くらい渡すのが相場ではないでしょうか。

※派遣法により、いくらマージンを搾取されているか知ることができます。

気になる方は一度聞いてみるといいでしょう。

 

社会的身分は、「派遣社員」または「契約社員」になります。

派遣社員というのは俗称ですから、「契約社員」と呼ぶのが

正しいです。

 

例外を除いては、

1~6か月毎に、「契約」が更新されます。

 

先方が「もういらない」と判断すれば、

契約は解除になります。

 

そして、多くの場合、この時点で「待機」が発生します。

次の現場が見つかるまで仕事がないのです。

自社の営業さんが、うまくスケジュールを調整してくれて、

今いる現場にいる最中に、次の現場の顔合わせ、面接等が

できればいですが、そううまく事は運ぶこともありません。

ある程度スキルを持った人でしたらすぐに決まると思います。

 

待機期間に、給与を最低限の額面で払ってくれるところもあります。

10~13万程度です。もちろんその期間は、待機所である勉強広場に行って、

スキルアップを図らなくてはいけません。

営業さんからしてみても、即日先方との面接が決まることもあるので、そっちの方が都合がいいです。

面接の前に作戦会議したり、今持っているITスキルについて聞かれたりします。

 

さて、冒頭が長くなりましたが、結論から申し上げますと、

私は「派遣社員」はある意味最強だと思っています。

正社員への僻みでも、派遣社員仲間への慰めでもありません。

 

「ある意味」と書いたのは、

そりゃ、超大手で、超ホワイトで、超福利厚生が充実している正社員なら、

絶対にそっちの方がいいと思うからです。w

 

「派遣社員のメリット!!」

・無職、ニートからでも職に就きやすい

・面接に行かなくても、ある程度相手企業のことが分かる。

・給料が年功序列ではないため、同じところで長年働く気がない人へは都合がいい。

・責任をとる範疇がないに等しいので気楽

・現場が嫌になったら他の現場探せばいいという気楽さがある。

(もちろん次の現場へは”スキルアップのため”とか、”夜勤になるよう迫られたため”とか、

適当に言っておけばいい。)

・日報とか、目標とそれまでの過程を決めるとか、仕事への意識調査とか、

そういった社内で共有するような資料作成は一切ない。

(派遣社員が所属グループの目標決める訳ないですよね。w)

・基本的に恐れることがない。誰に何言われても給与査定がある訳ではないし、10年後の課長席を狙っている訳ではないから。

・残業代が時間単位で出ること。

(正社員だと、40時間までは見込み残業になるなんてことがザラです。)

・責任感の無なさから、残業を強制されないこと。

・休憩時間がきっかり1時間確保できること

(社員は休憩時間中に会議が入ることがあります。早々にご飯を食べて会議に間に合わせます。

それか早めにお昼に入ります。派遣社員は重要度の低さから会議に出る必要はありません。w

よって2人で仕事しているわけでもない限り、休憩時間が削られるなんてことはありません。)

・副業ができる!!

(ネットビジネスとか、株式投資くらいでしたら、社員にでもできるでしょうが、

コンビニでバイトするとなると話は別です。一般に正社員は「兼業禁止」ですから、

事情がない限り兼業の許可は下りないでしょう。その点派遣社員は、現場から禁止令を出されることはありせません。契約は、派遣会社と派遣社員の間ですので。派遣会社の派遣社員に対して、あれこれ言いません。

毎日会う間柄ではないですし、それ以上に辞められては困るからです。派遣社員をどれだけ現場に紹介させたかで、営業さんの給与は査定されますから、辞められるのが一番困るわけです。仮に寝不足で現場での生産性が落ちたとしても、それはあくまでも現場での話であり、派遣会社に損害はありません。仕事中に寝てしまったこか、

昼休憩から帰ってこないともなると、契約解除になり、そこで初めて損害になります。

ですから、「現場には、コンビニでアルバイトしていることあまり言わないでね。現場で影響がでないくらいにしてね。」と言われるのが普通かと思います。

無断でするのは、あとあとトラブルになりますから、

メールの一通は送った方がいいと思います。

返信が来なければ、電話してもいいと思います。

 

私の所属している会社では副業を許可してくれましたから。

土日は身体動かしたり、イベント系のお仕事行ったりなんかして、

いつもと違う空気を吸っていました。

 

ここまでくると、ある意味で派遣社員は強いということが分かります。

 

決められた時間以外は、自由に行動できるからです。

本気でお金を稼ぎたい人は、ヤフオクだってできるし、アフィリエイトだってできるし、

ド平日からYoutuberに変身することだってできます。

 

正社員であれば、基本給はちょっぴり高いし、ボーナスもでますが、

残業代はやっても給料に含まれてるし、自分の時間を持てないので、

副業もしている時間がないなど、色々と制限ができてきます。

 

毎日20時に帰ってくる人でも副業ができなくはないんでしょうが、

毎日18時きっかりに帰ってくる非正規社員とは雲泥の差がありますね。

 

「派遣社員のデメリット!!」

・給料が安い。w

・上層部で決めるような会議に参加できないので、今後のスキルアップだとか、経験値にならない。