出生率低下の理由を考えてみた

 

日本の出生率低下について、自分なりに理由を考えてみました。

 

 

1)女性の社会進出

一番大きな原因がこれ。女性が社会進出することは否定しない。しかしながら、原因になっていることは確か。

 

・女性が職場での経験やスキルを身に付けたとする

・仮に仕事にやりがいを持ったとする

-仕事が好きなため、リタイヤしてまで子供を授かりたいと思わなくなる→結婚したとしても子供を産まなくなる

-残業続きになり、男性と接する時間が減る→独身のまま

-自分の年収以下の男性に興味を持たなくなる→結婚相手の候補が減る→独身のまま

 

 

2)男性の年収ダウン

 

女性に仕事を奪われてしまっているので、男性の年収は下がります。また、コンピュータにも仕事を奪われてしまっているので、男性の年収は下がります。男性の年収が下がれば、妻が出産を敬遠する傾向があります。

 

 

3)アニメの普及

 

アニメの女性が綺麗に(かわいく)なれば、現実の女性に興味が無くなるでしょう。アニメで女性に対する欲求を満たすことができれば、現実の女性に何かを求めようとはしなくなるでしょう。

 

 

4)サービスの多様化

 

世の中にはあらゆるサービス(お店、モノ含め)があります。家庭を作り子供を作ること以外にも人生を桜花できる術は多ります。また、インターネットの発達により、様々な情報を入手することができるようになりました。高望みできる環境にあるためか、「相手を選びすぎなのでは?」と思います。

 

 

5)LGBTが認知、保護されるようになった

 

性の多様化により、「男」または「女」だけでは無くなりなした。結果的に結婚しない人間が増えました。

 

 

インターネットで調べてみた!

 

答え合わせのために、インターネットでも調べてみました。

 

・非婚化・晩婚化が主な要因だそう

・結婚している女性の出生率低下もあるらしい

・男女雇用機会均等法>女性の社会進出>子育てとの両立を支援>保育園を増設

・日本の平均出生率は1.43倍だそう

世界の出生率ランキング
https://www.globalnote.jp/post-3758.html

 

 

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。