【英語】英会話したいなら、自分のアウトプットだけ考えよ!!

スポンサーリンク  

 

英会話ができない理由は、アウトプット能力が足りていないからです。

 

例えば英会話フレーズを100個覚えたとしても、あなたがそのフレーズを使うための思考回路(ボキャブラリィ)が無ければ、そのフレーズが使われることはないでしょう。

 

覚えたことが無駄になってしまいます。

 

例えば、あなたは久し振りに友人と会ったときに何と声をかけますか?

 

私なら

「おぉ、久しぶり~。」
「お昼ご飯は食べた?」
「今日は何時に帰りたいとかある?」
「行きたいところある?」
「僕はA神社に行ってみたいんだけど」

とかそんな感じです。

 

私が仮に参考書で「元気にしてた?」というフレーズを覚えたとしても、あいにく私の思考回路にはこのフレーズがないため、「元気にしてた?」を暗記しても無駄になってしまうということです。

 

つまり、参考書からフレーズをインプットするのではなく、自分が普段言っている会話を思い出して、それを英文化することが必須になります。

 

自分の思考回路(ボキャブラリィ)はそう変わるものではありません。

 

自ら書き出して覚えたフレーズは、今後何度も使用するフレーズになるでしょう。

 

では、実際の練習方法です。

 

 

ステップ1

 

色々なシチュエーションを想定して、自分が発しそうな日本語を書き出してみましょう。

・お店を探している外国人を見つけたとき
・写真を撮ってくれる人を探している外国人を見つけたとき
・体調悪そうな外国人を見つけたとき
・飲食店で話しかけてみるとき
・お店の場所を尋ねられたとき(道案内) など

 

「質問する」→「回答がくる」この繰り返しです。

 

相手の回答は適当に推測してしまいましょう。

 

 

ステップ2

 

日本語→英語に変換してみましょう。

 

 

以上です。

 

スポンサーリンク  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。