スシローに行くのを止めた理由

スポンサーリンク  

 

私がスシローに行くのを止めた理由です。

 

個人的な感想もありますが、あしからず。

 

 

フェーズ1)

 

レンタカーでスシローに行く

店舗に付き、「待ち伝票」を発券する

その時点で待ち時間「35分」と表示された

私が発券すると待ち時間が「40分」になった

残り待ち時間はスマホアプリでも確認できるらしい。私はアプリをインストールした。たしかに待ち時間は表示される。あれ、40分?まぁいいや・・・。

 

 

フェーズ2)

 

約40分を近くの公園で過ごすことにした。
20分が経ったくらいで、店舗へ戻る。
店内は激混みだ。。
待ち時間は120分と表示されている。(この後MAXで145分になった)
まだ呼ばれていないらしい。(当然だが)

 

 

フェーズ3)

 

なかなか呼ばれない。
私の案内番号は「243」。
まだ210番台が案内されている。210!?
1つずつカウントされている様子はないので、そろそろ呼ばれるはずだ・・・。

 

 

フェーズ4)

 

なかなか呼ばれない。
なぜだ?
店員さんが見る画面を確認してみる。
(お客さんの発券する画面が表だとすると、店員さん専用画面は裏面にある)
なんと、10組目に「243」が表示されている。
10組目!?随分後ろだなぁ・・・。
(No.1から案内されていることは確認できた。No.1が次に呼ばれていたからだ。)

 

 

フェーズ5)

 

ようやく6番目になる。・・・・ようやく4番目になる。

この時点で1時間はとっくに過ぎている。

 

 

フェーズ6)

 

あれ、呼ばれない・・・。

裏画面(店員さん用画面)を見ると、なんと6番目に後退していた。は!?え!??なんで後ろに下がる??

どうやら、仕組み(システム)が分かってきた。後退する理由は、スマホでチェックインするやつらがいるからだ。

 

 

フェーズ7)

 

スマホで来店時間を予約している者がいる。その行為は何も悪くない。むしろ、スマホで来店時間を予約して、その時間前後に案内されるのは非常にスマートだと思う。

しかし、スマホでチェックインする者がいるからといって、店舗で発券した者の案内が後ろ倒しになるというのは、システム的にどうなんだろう。理屈は分かるが、どうも納得がいかない。

というか、当初の「ご案内時間目安:35分」はどこに行ったんだ?

 

↓↓

待ち時間の案内はこうあるべきだ。

ご案内はおよそ1時間後です。
※ご案内は20組目です。(店舗予約5名+スマホ予約15名)
※スマホで予約された方が来店されなかった場合は繰り上げでご案内いたします。

 

個人的な意見ですが、スマホ予約の存在を店舗で待つ人に伝えないのであれば、店舗で案内を待つ者とスマホで予約した者の案内を区別してほしいと思います。

 

スマホ組と混合させるのであれば、そのことを店舗組にきちんと伝えるべきです。

「スマホで予約されている方がいます。スマホ組が来店してチェックインすれば、店舗組はあいにく後ろ倒しで案内します。」と。

 

 

フェーズ8)

 

私は1時間30分ほど案内を待っていた。結局入店できず終いであったが、そのまま待っていたら2時間近く待つことになっていたであろう。
(16時にレンタカーを借りて、16:30には発券していた。入店を諦めて帰った時間が18:00)
私はこのシステムに嫌悪感を抱き、そしてそれを採用しているスシローが嫌いになった。

 

妻は「スシローに行くときは予約しないとダメだね。帰って、車返してからバーミヤンに行こう。ラーメンが食べたくなってきた。」と言ってくれた。
なんとできた人間だろう・・・。

 

ひとまず、スシローにはもう行かない。

 

 

以上です。

 

スポンサーリンク  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。