禁煙のメリット、デメリット。禁煙方法と禁煙に至った考え方まとめ

スポンサーリンク  

 

タバコをしばらく吸っていましたが、禁煙に成功したので、その禁煙コツを書いてみようと思います。

 

(自分への戒め、備忘録も兼ねています。)

 

<私のスペック>
喫煙歴:ほぼ10年
喫煙ペース:2日で1箱ほど
銘柄:最近はアイコス、昔はマルメンなど。

 

 

(1)ニコチンではなく、習慣がそうさせていることに気づく

私は、タバコへの依存は、ニコチンではなく、習慣だと思っています。

タバコ吸うときって、普段喉から手が出そうになるまで我慢していないですよね。

大抵は、習慣で吸ていると思います。

朝の就業前や食後、夕方15時くらい、などなど。

それぞれのタイミングがあるかと思います。

仮に、その習慣が無くなると考えてみてください。

「怖い・・」って思いませんか。

私は、なんとなく恐怖を感じます。

ニコチンを摂取できないことへの恐怖感ではなく、あの喫煙所でのグータラら時間が無くなることへの”恐怖感”が私にはあります。

そうです、この”恐怖感”がタバコへの依存の原因です。

(と私は感じました)

もし、ニコチンではなく、「習慣を止めることへの恐怖感が原因かも?」と思われるようであれば、割と簡単に禁煙できるかもしれません。!!

 

(2)なぜタバコを辞めたいのか考えを整理してみる

はっきり言って、もし辞める理由がないなら辞めなくてもいいと思います。

例えばお金が使いきれないほどあって、健康にも影響がないとか、迷惑かける人がいないのであれば、吸っていてもいいと思います。

無人島で世の中に自分しかいないのであれば、間違いなく吸いますね。私は。(笑)

反対に、少しでも辞めたいと思っているなら、少なからずその理由はあるはずです。

でっち上げでもいいので、考えてみてください。

 

(3)禁煙に至った考えまとめ

 

せめて●歳まで生きたい

→孫が成人するまでは生きていたいですね。欲を言うと、孫の結婚式に参加したいです。親族が大勢いる結婚式って素敵。(笑)

 

保険料払いたくない

→医療保険料を払いたくない。タバコ吸う人は何かしら患う傾向にあるみたいだけど、保険料なんて払いたくない!だから、病気をしない身体になればいい!

 

時間の節約

→1本4分

→2日で1箱だから、1日10本で40分

→40×365=14600分=年間243.3時間

な、何日分じゃーー。

 

酒、たばこは国(行政)が、国民からお金を搾取するための道具であることに気づく

酒やたばこは、ほぼ税金。
国が国民を中毒にさせて、税金を巻き上げている仕組み。

 

確定申告なんかで、節税を企てるがそもそも無駄な抵抗

そもそも酒たばこに相当費やしている。
つまり、嗜好者が節税対策していることが矛盾。

 

酒たばこをやる人で、行政のサービスに肖っていない人が一番損

反対に、酒たばこをやらない人で、行政のサービスを使いまくっている人が一番得をしている。
(ズルい)

 

ポケットの中身が大幅に減る

たばこ&ライター(アイコス本体&ヒートスティック)を鞄やポケットに入れなくてよいというのは、
大きなメリットである。財布とスマホだけなら、もはやかばんが要らなくなる。

 

息子ができると、大変

→換気扇下でたばこ吸う→部屋に戻るが息が臭い、なんなら口から有害物質を出している→だから、息子に近づけない→情けなくなる

 

そもそも紙巻きタバコと同じ処遇であることに不満あり

紙巻きは・・
→服に臭いがつく
→風下にいると、臭い
→室内の喫煙所とか地獄(でも、文句は言えない)

 

喫煙時のメリットを考えてみる

 

とはいえ、喫煙している時のメリットを考えてみます。

 

(1)サボれる

一番のメリットは、「サボれること」です。

気が向いたら、たばこという口実で、席を外すことができます。

(例えば、5分間席でスマホいじっている人は許せませんが、「たぼこ行ってきま~す」と言ったら許される気がしませんか。トイレで5分間いない人も許されますよね。生理現象には人は寛容なんです。きっと。)

 

喫煙所で顔見知りができる

二番のメリットは、「喫煙所で顔見知りができること」です。

仮に喫煙所で顔を合わせていれば、いざその人と会話しなければいけない時に、なんとなく仲間意識はあるはずです。「あ、喫煙所にいつもいる人だ」という具合に。

もっと言うと、今や喫煙者は少数ですから、より仲間意識はあると思います。

結論、顔見知りになっておくと後々都合がいいこともある、ということです。

 

喫煙所でしかできない会話ができる

三番のメリットは、「喫煙所でしかできない会話ができる」です。

仮にAさんとBさんのみ喫煙所にいれば、Cさんの愚痴を共有できるかもしれません。”秘密の共有”の心理が働き、Cさんは知らぬ間にAさん、Bさんから疎外視されてしまいます。

単純に、「喫煙所じゃなかったら、こんな会話しなかっただろうな〜」ってことは多々あると思います。

喫煙所ってなんでしょうね、居酒屋見たいな感じですかね。プライベートな会話、フランクな会話ができますよね。。

 

(5)禁煙時のメリットを考えてみる

 

・呼吸器官を始め、身体全体が健康的になる
・寿命が延びる
・スタミナが回復する
・食欲が戻る
・目覚めが良くなる
・口臭が普通に戻る
・お金の節約になる
・時間の節約になる
などなど

 

(6)禁煙時のメリットって本当?実際の感想

 

・呼吸器官を始め、身体全体が健康的になる
→よくわからん。普段から運動しないし。。

・寿命が延びる
→よくわからん。比較できないし。

・スタミナが回復する
→よくわからん。

・食欲が戻る
→確かに、食べてもすぐ空腹になる。または1回に食べる量が増える。タバコを吸うと身体が具合悪くなって、結果食欲がダウンするので、確かにタバコを吸わなければ、食欲は素直になるのかも。

・味覚が元どおりになる
→わからん。どのタイミングで「やっぱ、味覚冴えるわー」ってなるんですかね。(笑)

タバコやめて2日くらい絶食しないと分からないのでは?

・目覚めが良くなる
→わからん。いつもと同じ。

普段の目覚めというか、お酒を飲んだ次の日は目覚めに違いが出てくると思います。

同じお酒の量を飲むにしても、タバコを吸っていない時の方が、目覚めは良いです。

お酒を飲むと、タバコをスパスパ吸うようになりますよね。そりゃ気づいた時には身体は悲鳴あげてますよね・・。

・口臭が普通に戻る
→確かにそうでしょう。せき、たんもなくなります。私はよくタンが詰まっていました・・。

・お金の節約になる
→確かにそうでしょう。

・時間の節約になる
→確かにそうでしょう。

 

(7)禁煙お助けグッズを使う

 

(1)myblu

さきほど、習慣が人を恐怖に陥れているという話をしました。
私は「myblu」を購入し、その習慣を継続させることにしました。
正確には、mybluは禁煙を決意する前に買っていました。
なんとなく買ってみて、「これで禁煙できたら、禁煙してみよ~」くらいに思っていました。
そして、禁煙の考えを固めて、口が寂しいからmybluを使っているという状況です。
やはり、「何かを咥える仕草をしていたい」という想いがあったからです。

 

(2)ミンティア

ミンティア、キシリトールガムなど、口に刺激を与えられるものがあった方が良いかもしれません。私はミンティアを食べながらmybluを吸っていました。(笑)

 

(8)私なりの禁煙のコツ

 

(1)習慣だと知る、自覚する。
タバコに限らず、習慣というのは簡単には辞められないと思います。なので、習慣はmybluなどの代用品で継続してもよいと思います。そして、いずれmybluが不要になる日がくるはずです。私の場合、mybluでもタンが出るようになった。どんだけ身体弱いねん。(笑)

ちなみに、mybluは「アイスブルーベリー」派です。ストロングメンソーすが人気なようですが、ストロングメンソールは、妙にタバコの味を思い出させます。やや甘く、煙(正確には水蒸気)をたっぷり吸っても大丈夫なアイスブルーベリーが一番しっくりきました。

 

(2)「吸いたい!」って気持ちに嘘付かない
私も何度も禁煙に失敗していますが、やっぱり「吸いたい!」って気持ちは強く出てきます。

その時に、「吸いたい!」って気持ちは素直に持っていいと思います。

変に、「吸いたくない」「大丈夫、吸いたくないんだ」と思い込むと失敗するかな〜なんて思っています。

「吸いたいな〜」、けどどうしようか。困ったな〜。アハハと前向きに考えてみても良いかもしれません。

 

(3)自分にお金をかけてあげる

禁煙時、どうしても吸いたくなる時はあります。

吸うための言い訳を考える時もあります。

そんな時は身体を動かしてみたり、甘いものを食べたりしてみてください。

私は無性にお腹が空いていましたので、遠慮せずにパンやお菓子を食べていました。

気持ち的には、「なんか食べてないと、やってらんわぁー!」って感じです。

同時に、「あ〜これって、よく禁煙した人が太るやつだ〜」と思っていました。

禁煙時のストレス、空いたい欲求はお金をかけてでも対処してあげてください。

「タバコは吸えないけど、シュークリームだったら買っていいよ!どっちがいい?さ、シュークリーム買いに行こうー!」って感じで対処します。

私はタバコを吸えないことのストレスを、お金を使ってでも食べ物でごまかしていました。

「それって、節約になってなくない・・・?」

と言う声が聞こえてきそうですが、それで禁煙できるなら御の字です。

 

ご参考になれば幸いです。

 

最後にあとがきです。

 

(9)あとがき

 

さて、禁煙に成功できたら、「嫌煙家」になることでしょう。

だって、そうですよね。タバコが嫌でタバコを辞めたんですから。よくある話ですね。

 

<おまけ>
喫煙者のタバコ休憩ってずるくな〜い?って思いますよね。↓

解決法を考えてみました。

どうですか?(笑)

<喫煙者特権の解決方法>
①喫煙に行くの度に、他従業員も休憩時間にする。

②喫煙ルームを作り、使用ごとに使用料200円を徴収する。徴収したお金は、給料日に非喫煙者で分け合う。
昼休み中は無料開放だよ♪

 

以上です。

 

スポンサーリンク  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。