【節約】格安スマホ「mineo(マイネオ)」を使う

 

格安スマホは、正直何でも良いと思っておりますが、私は「mineo(マイネオ)」を使っています。かれこれ3年ほど使っています。

 

基本的にはOKなスマホですが、最後にデメリットもお伝えします!

 

・料金は月々3000円ほど

 

・内訳はこんな感じ!

 

デュアルタイプ(3Gコース)基本料:1,661円
端末代金(割賦):810円
通話料(11月分):682円
SMS送信料(11月分):26円
mineoでんわ 国内通話料(11月分・課税):50円
mineoでんわ 国内通話料(11月分・免税):120円
ユニバーサルサービス料(mineo):3円
LaLaCall月額基本料:110円
ユニバーサルサービス料(LaLaCall・11月分):3円

 

データ通信だけなら1661円です。メチャ安!

 

 

メリットとか

 

・何不自由なく使えています

 

・端末代もさほど高くなかったと思います。安い機種なら2万円くらい。私は「HUAWEI P10 lite」を買いました。本体は基本的には今まで使っていたやつを使い続けるべきです。そして、もし買い換えるなら新品を買うべです。

 

端末を中古で買っていた時期もありますが、中古は電池の消耗が激しかったりします。結果的にコスパ悪いです。2回ほど中古を買ったことがありますが、後悔しています。(笑)下手にリスク背負うより、新品で安いものを買うことをオススメします。中古ショップでは本体の状態(キズなど)を確認することはできても、中身(電池の消耗具合)までは確認できませんよね・・。

 

・電話は専用のアプリを使います。多少安くなります。

 

・通信データ容量が無くなりそうなときは、家族からもらいます。電車でYoutubeみたりしなければ3Gで足ります。家に帰ったら動画見たり、ダウンロードすればよいです。

 

・月末近くになれば、マイネオのサイト(マイネ王)から1Gまで無料で調達することができます。(昔はいつでもできたけど、最近は月末限定)

 

・”エントリーコード“というやつをアマゾンで買います。初回の事務手数料が結果的に安くなります。

 

・マイページも色々と見やすいです。無駄な機能とか余計な広告とかはない印象。

 

・毎月の利用料金も都度メールで知らせてくれたりします。

 

その他、「長期ファン得」とかいう”長く使っていれば、安くなるよ〜”な仕組みもあるみたいですが、意識したことはありません。(苦笑)

 

 

デメリット

 

LINEのユーザID検索機能が使えない

マイネオで端末とSIMカードを購入した場合、LINEのユーザID検索ができません。(正確に言うと、年齢の認証ができないので、他人とID検索することや、自分をID検索してもらうこと、電話番号による他人の検索ができなくなる)

※もともと使っている端末にSIMカードを入れ替えるだけであれば、ID検索は有効のままです。つまり、意識しなくて大丈夫です。

 

口座引き落としができない

クレジットカードを使う必要があります。クレカを持っていない人には不便ですね。(不便というか契約できない)。ただし、どうしても!!という場合は、サポートセンターに電話すれば平気みたいです。ホームページにも書いてあります。

 

 

まとめ

 

・クレカ持っているなら、マイネオを契約するべし。

 

マイネオは使い勝手が良く、料金も安定しているため、たぶんこのまま使い続けます。

 

(たしか、”ユーザ満足度”が一番高かったはず。)

 

関西が拠点の会社さんらしいのですが、なんだかんだいい会社だと思います。

 

 

以上です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。